being on the road...途上であること

botr.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 06日

「演じる」、「行為・行動」

ハセガワです.


今日は以前告知したふらじゃいるさんの100万Hit!記念イベントの参加更新です.


もちろん,お題は「演じる」「行為・行動」


んで,このお題で取り上げる対象は「喫煙」でいこうかと思う.



最近,本サイトでも下ネタが横行しているんだけど,今日はふらさんの晴れ舞台を祝うべく,
本来あるべき社会派ブログとして,原点に帰りたいと思うわけよ.


誰だよ,「え,社会派ブログなの?」つったやつ!?


ちょっとイントロダクションが長くなるが,気長にお付き合い願いたい.





<緒言>
たばこの起源はアメリカ大陸で,ナス科タバコ属の植物である.


新大陸であるアメリカ大陸では,16世紀の時点ですでに栽培及びたばことして利用されていたと言われている.


続いて旧大陸にもたらされたのは16世紀中ごろになってからと言われ,日本でも17世紀の初頭には,庶民の間で喫煙が見られるようになった.


その後,喫煙文化の広がりは皆さんの知るところだ.


参考文献JT たばこと塩の博物館


しかしながら,1980年代から,たばこの発がん性が一般にも知られるようになり,
現在でも確実に,禁煙運動は盛んになって行く傾向にある.


その一例が,公共施設や繁華街での喫煙の禁止であり,
「たばこを吸う」という行為自体に向けられる軽蔑の視線である.



しかしながら,

僕は,この喫煙の禁止及び喫煙者への軽蔑の視線に対して,真っ向から反対の立場を取る者である.





<本文1>たばこにかかる税金とその割合
たばこの現在の一般小売価格は240円程である.

銘柄によってその値段はまちまちであるものの,一本当たりの価格は12円か,13円であり,日常的に喫煙している者にとってかなりの負担であると言える.

この,たばこにかかる税金の割合をみなさんはご存知だろうか?

たばこ一箱にかかるたばこ税が58.5%,消費税が4.8%で,合計63.2%が税金である!

同じく税金の割合が高いといわれているガソリン(55.8%)及びビール(42.9%)に比べて,かなり高い割合で税を負担していることが分かる.


例えば25歳の男性がマイルドセブンを,一日に一箱(20本)吸う場合だと,年間に62,283円もの税金を納めていることになる.


事実,平成13年の統計を見ると,国,地方及びたばこ特別税を含めておよそ2兆2500億円が納められている.

平成15年の統計で,消費税の納税が9兆5000億円であることを考えれば,この値がどれだけ大きなものであるか,分かってもらえると思う.

また,JRにおける喫煙者の扱いに,私は憤慨を隠せない!

JRは国鉄時代に自身の職務怠慢から,多額の赤字を抱えたためにJRとして独立した.

そしてその際,土地や車両,線路などのインフラを抱えて独立したのに,負債のみは国民に押し付けたのだ!

しかも,その負債をたばこ税の増税で返済しているのである.

しかしながら,当のJRは喫煙者に対して,ホームの端っこの喫煙コーナーに隔離し,恩を仇で返す行為を平然と行っている.




「たばこを吸うのを止めろ」と声高々に述べる者達に告ぐ.



たばこ税は私たちの生活していく中で貴重な税源です.

あなた達は,たばこは悪だとおっしゃいますが,

たばこ税の税収が落ち込んだ時は,あなた達は消費税を15%で納めてくれるんですか?



参考文献
JT たばこ税の事実を知ってください.
あなたは、タバコにいったいいくら使っているのか?
国税庁
Go smoking





<本文2>たばこは本当に体に悪いのか?
たばこを吸うとがんになるといわれて久しい.

なるほど,確かに日本では年間29万人ががんで亡くなっているという.

そして,その1/3は喫煙によりもたらされたものだ.

特に肺がんに限って言えば,喫煙の肺がん寄与率は9割に昇る.

事実,喫煙者の一日に吸うたばこの本数に正比例して,肺がんに対する相対リスクが上昇するとの報告がある<Doll et al., 1994>

しかしながら,たばこによるがんは肺,咽頭,喉頭,食道などの部位に限ってであり<Schottenfeld et al., 1996>,実は乳がんに対しては,がん抑止の作用があることが知られている.

即ち,たばこの発がん作用とは発症部位を限定した上で初めてYesといえるものである.
(もちろん,喫煙が全くがんに繋がらないというわけではない.)

また,たばこに含まれる発がん物質は,ヒトの代謝酵素によって代謝されて初めてDNAの損傷に繋がるため,
特定の代謝酵素が欠落している人は日常的に喫煙しても,喫煙によるがんにはならないのである.

さらに,たばこに精神を落ち着かせる効果があることはみなさん,ご存知だと思う.



一方,たばこ以外の発がん因子を挙げろと言われれば,第一に挙がるのは食事である.

実は,食事は発がん因子としての寄与率はたばことおなじ1/3である.

食事にまつわる発がんといえば,よく言われるのが肉や魚の焼け焦げである.

「じゃあ,肉や魚を焦がさないようにして食せば発がん作用はないんじゃない?」

答えはNoである.

肉や魚などのたんぱく質を多く含むものは焼いたその瞬間にたんぱく質由来の発がん物質が生成する.<Sugimura et al.>

一般に蒸したり,煮たり或いは電子レンジでの調理ではこういった発がん物質の生成は報告されていない.

また,野菜を多く摂取すると,たんぱく質由来の発がん物質を抑止することができると言われている.



残りの1/3の発がんの因子にはたくさんのものがある.

いわゆる環境因子であり,公害などによって引き起こされるがんはここに分類される.

その一例として今回取り上げるのが,酸素である.

通常,私達が毎日吸引しているのはOであるが,
激しい運動や,紫外線などによって発生する・O(活性酸素)は細胞やDNAに対して損傷性があり,
極めて危険なものとして知られている.

また,私達は毎日ある程度の活性酸素を吸引しており,そのたびに細胞やDNAが損傷されているのである.



「たばこを吸うのを止めろ」と声高々に述べる者達に告ぐ.



たばこを吸うことは悪いことばかりではなく,

たばこは極度のストレス状況を緩めてくれる必需品です.

他人の体のことを心配するのは余計なおせっかいです.

そんなことより,ご自分のお体を大切になさって,

絶食とか無呼吸とかしてみたらどうですか?






<結論>
以上の点をまとめて,私達は,やはり喫煙を否定してはいけないのである.


大体,喫煙者の吸殻のポイ捨て,公共施設での喫煙などのマナーの問題で困っているという方は

喫煙者のマナー向上運動をすればよいのである.

喫煙を全否定し,喫煙の権利を侵害するのは,あなた方の単なるエゴである.



それでも,「たばこは麻薬と同じく体に悪い」と言うならば,麻薬と同じように

「たばこの販売を禁止する運動」を展開したらどうですか?



喫煙者に免許を発行して,マナー違反があったら,罰金,減点或いは免停なんていうのもアリだと思います.

喫煙者はマナーの向上を,お店や公共施設なんかは,分煙をきちんとするべきなんだと僕は思います.





<後日談>
そういった話を熱心に後輩(喫煙者)に聞かせたわけなんですよ,ええ.



そしたら,後輩



後輩 「すごいっすね,ハセガワさん!

   いやー,うれしいな!ハセガワさんみたいな,

   説得力のある人にそういってもらえると.



   どうです?


   いまから喫煙所行って,一服しませんか?」




ハセ 「ん?

   ああ,僕,たばこ吸わないから.」




後輩 「あんた,一体,なんなんだよ!」





<ハセガワのつぶやき>
ふらさん,100万Hit!本当におめでとうございます!

今回のお題は「行為・行動」,「演じる」ということで,

「喫煙」という「行為」に対して,「アンチ喫煙運動」という「行動」を対比させました.

最後に僕が「喫煙者」を「演じた」わけですがw

もし,喜んでいただけたなら,幸いです.
[PR]

by beingontheroad | 2004-10-06 00:25 | メイン(仮)


<< 社会派ブログ,キタ━━━━ヽ(...      あれから4年経ちました. >>