being on the road...途上であること

botr.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 15日

もう仕事なんか休みにしようや

僕は一日に13時間以上働いております.

従って毎晩の食事は外食あるいはコンビニの食事で済ませることが一般的でして,病気になってないのが奇跡なハセガワでございます.

ディスプレイの向こうで「侘しいぜ,ハセガワ!」なんてつぶやいた奴もいるとは思うが,事実は事実である.

悔しかったら貴様も僕くらい必要とされる雑用係になってみろってンだ.
<自虐


んで,先日,毎晩の恒例イベントのコンビニ参拝に参った次第ですが・・・,
なんかね,クリスマスソング流れてるのな.

ウザい.

はっきり言って耳障り.

いつも切れキャラの僕も,本当の反対の反対の反対は温厚な人物でして,何が起こっても「まあ,いいけどさ」ってな感じの返答をします.

例えば,誰かが僕の机の引き出しに隠しているおやつを食べたりしても怒りませんし,北○鮮に拉致されたりしても「まあ,いいけどさ」で済ましてしまうくらいの心の広さを持ち合わせているわけないだろ!

取り乱してスマン.

話を戻しまして,とりあえず今回のクリスマスソングは気に入らん. <やっぱり切れキャラ

多分ね,それが1曲や2曲なら問題なかったんだと思うんです.

もし,1曲や2曲なら僕は不必要なほど腰をくねらせながら「あらあら,クリスマスシーズンが近づいてきたじゃない,うふ.素敵だわ.」で終わってた.

でも,だからってエンドレスでクリスマスソングをひたすら流すことはないだろ!

(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻

星一徹クラッシュも炸裂するってなもんですよ,ええ

やつらはきっと,


「クリスマスだから何やっても許されるんだぜ」



とか思ってるに違いない.

あかんやん,マジで.そんなんおかしいやん.

例えどんなに好きな食べ物でも毎日食べてたら飽きるのと同じ理論です.

小学生の時に「うどん大好き!」って祖母に言ったら,

4日間3食ともうどん出されて嫌いになった僕が言うんだから間違いありません.

改めてクリスマスについて考えて見れば,キリスト教徒でもない人間が,わざわざキリストの誕生日なんて祝う必要ない.

しかも,キリスト教徒にとってクリスマスは大切な家族の語らいの時間ですよ.

今の日本では,「クリスマス=カップル・・・・・・以上です.」って感じで,「家族」は不在.

そんなのキリストに対する冒涜ですよ.
とりあえず,キリストに謝れ

別にクリスマスだからってデートしなくてもいいんだよ!

例えば,いまディスプレイの前でこの文章を読んでいるあなた.

クリスマスに彼氏・彼女とデートの約束してらっしゃいますね?

きっとお相手の方,こう思ってますよ.

「あー,かったるいなぁ.なんでクリスマスシーズンの人ごみの中にわざわざ出ていかなあかんねん.デートはクリスマス終わってからでいいんですよ,ええ.」

しかしながら,世のため人のため日々努力し続ける研究者(つまり奴隷)の僕は,この不愉快さの解消するためにはどうしたらいいかと考えたのです.

例えばお正月はみんなそろってほのぼのやってますが,むかつかないでしょ?

じゃあどうしたら,クリスマスがこんなにむかつかなんくなるか?ということを考えてみよう.


まず手初めに,イスラム教のラマダンもクリスマス並に普及させるべし.

日本人の大半が仏教徒および神教徒なので,これで世界の三大宗教をクリアすることができる.

日中は,どれだけみんなが空腹でも,食事は摂れないから,非難ごうごうだと思いますが,

それは無視します

次に,お正月と同じように

音楽,飾りつけなどはイブからクリスマス当日にのみ許可します.

そして,最後に

クリスマスもイブも祝日にする.

これで完璧.

みんなに好かれるクリスマスになると僕は結論付けました.



あと,誤解のないように,念のために言っておくと,


「クリスマスとイブを休みたい!」

というフリのために,この長い文章を書いたわけではないのです.

はい,全てフリでした
[PR]

by beingontheroad | 2004-12-15 23:38 | メイン(仮)


<< 絶大な疲労感.主に精神的に.      誰か通訳してください >>