being on the road...途上であること

botr.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 26日

なんでもない

閲覧者のみなさん,こんにちは○○○ハセガワです. <どうぞ,お好きな枕詞をcommentに

最近の僕はお上品過ぎて,文明とは何たるか,文化とはいったい何なのか,ていうか不倫て文化なの?を未だ文明化されていない蛮族の皆さんに示してきたわけですが,当ブログは文化とは一切関係がございません.

ああ,自分が怖い!僕の瞳に乾杯 <鏡に向かってウインク☆



さて,先日,ある管理人の方とメッセしていたときのお話です.

その管理人さんは,とあるアパートの管理をやってらっしゃる方でして,というのは嘘でして,ブログの管理人をなさってる方なんです. ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )

は・・・,鼻血なんて出てませんよ,



















     /                /      ゙i,  ヽ
    j                ,ィ/        |  |
    lィ'             ,ィ/j/          | iリ
   |         /l /          '"` | j
   リ!      /,ノ           _,、-''''` /リ  __________
     |   _.._ l/   ,.--;==ミ 、_,.ノ/{.○-゙‐rV /
    ヽ,/`ヽヽト、 ´  {,.○-`‐‐ 、,.-ト|    ,ノ< ハッハッハ! 見ろ!
     ∧ ̄ ゙i,   `ヽ,r'´      ノ.  ゙、--‐''´| \  ハセガワがゴミのようだ!
     | | ̄ ゙i     ヽ、 __,,、-'" ,-、,:‐、〉  /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     \\/. |          \\\  i
       \_'i       ___\\\|
           ヽ     `ー─''''"´\\\
            ヽ           j\\\".;":;"." :
 ".;":;"." :".;":;". \         / \\\".;":;"." :
  .;".;: .;"       \ _____ /´   \\\ ".;":;"." :
 :   ゴ オ ォ ォ …… ! !".;"     \\\   ;": ..;.;".;":
 ;"         .;".;": _.;.;_".;":       \\\   ド カ ァ ン !
  .;".;": ..;.;".; ζ /_.;_/| .;".;", _   \\\  .;".;.;".;":.
 .;".;": ..;.;".;": ;:'.;| ΓΓ | |;":从へ_/|   .  \\\"_.;__..:
 从へ从へへ从  ; ζ  | Γ从 | |;:.. |从Γ | |     从へ从∠___/|  :
     ( ⌒( ⌒ ) ζ | 从Γ | |.:;. |从Γζ.;".. .;. \ |ΓΓΓ| |     |
 (   ⌒ ⌒  ⌒ );  | ΓΓ | |.;;::|ΓΓ | |   ( 从へ ;: |从ΓΓ| |     |
  Σ( ⌒( ⌒ ) ζ  ( ( ) )⌒ ) ( 从へ从)_.;:.;|Γ从Γ| |     ( | |
  ( (( ( ⌒ )) )  从 Σ( ⌒(  从へ从) ∠___/|     (( ⌒ ( 从へ从)
 Σ (( ( ⌒ )) ) )(( ⌒ ( 从へ从) .;".;:;|ΓΓΓ| |  );:;   .;".;": ..;.;";":
  (( ⌒ ( ( ) )⌒ );:;   .;".;": ..;.;";":|从ΓΓ| |  );:;   .;".;": ..;.;";":









なんでもない.



僕は,その方からメッセのお誘いがあったとき,僕は堆積中でした.

とあるドブの中にヘドロとして堆積していたわけないですが,退席中であったのは間違いない?

かもしれない? <ウザい

と言うことですよ,ええ.

その頃僕が何をしていたかと言うと,その麗しの肉体を降り注ぐ水滴で更に綺麗にしていたのです. キャッ!☆

要するにシャワーです.

ごみのような君たち愚民の言葉を借りるなら,シャワーを浴びていたと言うことです.

もちろん僕の肌は肌理細やかで白く透き通るように美しいので,水滴は余裕で弾き飛ばします. <脂性でした(ラード)

ほんのり火照った僕の裸体を鏡の中に見つめた後,セクシー全裸でPC画面を覗き込むと,なんとメッセが!!というほどびっくりはしませんでした.

貴公子と噂高い僕はメッセ受信を確認した刹那,しなやかに席に着き,返信しました.

ハセ:「ごめんよ,シャワー浴びてたんだ・・・.もうちょっと待ってて,服を着るから,ウフ」

相手:「いきなりセクシー 笑」

そんなやり取りから始まって,何時間もの間チャットしていました.

その方とメッセするのは初めてで,元々貴族の僕はメッセという庶民の遊びに取り組むことは少なかったのでとても新鮮な感じがしました.

インターネットの話,漫画の話,幼い頃の話,昔したゲームの話,個人的な話まで盛り込んで夜中の3時前にメッセは終了しました・・・.

楽しかった.

心から会話に酔いしれた瞬間だった.

まるでメッセの魔力に吸い込まれたようなひと時だった.

でも,僕はその直後に寒気を覚えました.

メッセの魔力に取り付かれそうだったから?

それともお相手に憎からぬ気持ちを抱いたから?



その真相は・・・



僕,メッセ中に








ノーパンだったんだよね



いやー,服を探しに行ったんだけどパンツなかったよ.

チャット終わってから,ベランダに干してあるパンツを取りに逝きましたよ.

もちろんノーパンでね
[PR]

by beingontheroad | 2005-01-26 23:42 | メイン(仮)


<< 荒くれ未亡人      空間 >>