being on the road...途上であること

botr.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:メイン(仮)( 108 )


2004年 12月 29日

ここに書いたこと,全てが実話だから怖い.

お久しぶりです,ほぼ一週間も更新を空けてしまったハセガワです.

石とか投げないでください. 痛い! 僕,感じちゃう ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ

なんかもう,有り得ない発言で始まりましたが,それもこれも年末で忙しかったのが原因なんです.

年末と言えば,この忙しい時期にこんなことがありまして・・・



12月最後の週が始まった12月27日月曜日,僕は熱心に仕事をしていたんですよ,ええ.

ご存知の通り,僕は毎日最低でも夜9時までは仕事しているんですが,僕の大上司は6時か7時には帰宅するという気まま生活を送っておいででして,その日も6時過ぎには帰宅する準備をしていました.


大上司:「じゃ,ハセガワ君,お先です.」

ハセ:「お疲れ様でした.」

大上司:「よいお年を.」

ハセ:「どうしたんですか?仕事納めは明日ですよ?」



僕の職場の公休は官庁のそれに準拠しておりまして,仕事納めは12月28日火曜日なんです.

きっと大上司も勘違いして,或いはボケて「よいお年を」とか言ってるんだろうと思ったんですよ.









大上司:「いやぁ,明日は

餅つきするので休みます.」





(  □ ) ゜ ゜








ハセ:「そ,そうですか,お疲れ様でした,よいお年を (;・∀・)」







がんばれ,僕!ホントにお疲れな僕!
[PR]

by beingontheroad | 2004-12-29 12:16 | メイン(仮)
2004年 12月 23日

サヨナラ サイトー

初めてご覧になった方は前編中編を先にご覧ください.
これは後編です.




「加害者の方ですか?」という,受付の無情さを呪いながら,外来に向かった.

外来の前で僕を待っていた看護師さんが「もうすぐ診察が終わりますので,お待ちください」と言うので,僕は外来の診察室の前の椅子に腰かけ,サイトーの診察が終わるのを待った.

僕は待った.

20分くらい経っただろうか?

待っている時間というのは辛い.

忙しいときには考えもしないような不安な思考が浮かんでくる.

「もしかして,サイトーは重傷なんじゃないか」と怪しんだりもした.

次第に僕は居ても立っても居られなくなり,立ち上がって「長いこと職場を空けられない」ことを理由に帰ろうとしました.

今思えば,その場から逃げ出したかったのかもしれない.

そして,数歩,歩き出してふと後ろを振り返ると,そこには診察室から出てきたサイトーが立っていたのです.

サイトー:「ハセガワさん,来てくれたんですね,ありがとうございます!」

ハセガワ:「サイト-,大丈夫か!?」

サイトーは顔と腕,足に傷を負い,若干足を引きずった状態ながらも,僕の訪問を喜んでくれました.

サイトー:「まだ,傷口を消毒して,レントゲン撮っただけなんです.頭を車のフロントガラスにぶつけたので,一応MRIは今から撮ります.」

ハセガワ:「そうか,軽い怪我で済んでよかったな.安心したよ.」

サイトー:「自転車は変形してしまって,もう乗れませんよw.あと,見てくださいよ,このメガネ.すごいでしょ?」

ハセガワ:「よ,よく生きてたな,オイw.」

サイトーがいつもかけているメガネは原型をとどめることなく破壊されており,事故の悲惨さが伝わるものでした.

まだ,MRIの結果こそ出ていないものの,僕にはサイトーの怪我ががそれほどひどくない外傷で済んだことに喜びました.

10分間ほど話したでしょうか.

僕は戻らなければなりません.

ハセガワ:「そろそろ,行くわ.職場のみんなにはには『安心しろ』って言っとくから,MRI撮ったら一度,顔出せよ.」

サイトー:「はい,ありがとうございました!また後で.」



病院からの帰り道,僕は喜んでいました.

よかった,本当によかった.

大きな事故じゃなくてよかった.

傷が浅くてよかった.

サイトー,生きててよかった.



職場に戻り,上司にサイトーの怪我の状態を報告し,互いによかったよかったと胸をなでおろしました.

僕が帰ってから1時間もしないうちにサイトーはMRIを終えて職場に戻ってきました.

みんなに「サイトーさん,よかったですね!」とか言われているのを横目に見ながら,僕もまた,その喜びを共有していたのです.


それから,数時間後・・・・




サイトー:「ハセガワさん・・・」

ハセガワ:「ど,どうした,サイトー?」

サイトー:「腹が・・・」



くそ!サイトーのやつ,事故の時に腹まで打ってたのか!?

ヤバイな,すぐに救急車呼ばないと








サイトー「腹が・・・






腹が減りました.

焼肉に連れてってください,ハセガワさんのおごりで♪」



ハセガワ:「ステキなオチをありがとう」





めでたしめでたし
[PR]

by beingontheroad | 2004-12-23 16:50 | メイン(仮)
2004年 12月 20日

衣替えしました.

やっとスキンを替えてみました.

Simple is the best !

今になって思えばあの紅葉スキンは長いこと使ってたな,飽きもせず.

別に「」だけに「飽き」とか言うわけではないのですよ. <突っ込めよ,無視すんなよ

初めはね,これ程長い間あの紅葉スキン使う予定はなかったのよ,マジで.

11月中旬までの予定で紅葉スキンを使うはずが,延び延びになって現在に至ってただけです.

実際,あのスキンは「メニュー」が左右に分散していて,かつ「本文」を書くスペースの幅が狭すぎて,読みにくかったと思いませんか?

ホントはね,このスキンも僕にとってパーフェクトではないのです.

メニューが左側にない


分かってる,分かってる.

「パーフェクトな僕にはパーフェクトなスキンがお似合いだ」というみんなの思いはディスプレイ越しに毎日感じているよ.

でも,時には妥協も必要です. オリジナルスキン作るのってめんどくさいよね

こんなのも乙でいいじゃないですか,ねぇ.


あとね,LINKを5件追加いたしました.

以前からLINKさせていただく予定の方々ばかりでして,むしろ遅くなったことが申し訳ないです.

エキサイトブログにも幸福は一夜遅れてくる。さんを追加させていただきました.

新規に追加させていただいた方々,よろしくお願いします.

さらにカテゴリにartsを追加しました.

どれもこれもアートと言うにはしょぼいものばかりですが,少しずつマシになっていけばと思っております.


いやー,新年を新たな気持ちで迎えるために,今年中にリニューアルしたかったのですが,うまくいったみたいですね.

別に,「リアル世界で部屋の掃除がうまくいってないから,せめてヴァーチャルで」と考えたとか,そういうわけではないのです.
[PR]

by beingontheroad | 2004-12-20 23:07 | メイン(仮)
2004年 12月 19日

社会に対して「害」を「加えている」という意味ですか?

この更新は中編です.
初めての方は前編をどうぞ.

ハセガワ:「確かに.確かに僕が行って何かができるわけではありません.
でも,怪我の様子くらい見てあげてもいいんじゃないでしょうか?
幸い,ここから歩いて3分の病院ですし.
いま,職場に僕が必要なのはわかりますが,
少しだけでも認めていただけないでしょうか?」


上司:「そうだねぇ,少しくらいだったら行ってあげても,
仕事には差し支えないかもしれないな.
よし,行って来なさい.」

ハセガワ:「ありがとうございます,
すぐに戻りますので!」




僕はその病院まで走りました.
病院に駆け込んで,受付で係りの人を呼びました.



ハセガワ:「すいません,ついさっき,こちらに交通事故でサイトーという者が運ばれたはずなんですが.」

受付:「サイトー様ですね.ただいま治療中です.外来につなぎますのでそちらでお待ち下さい.



・・・



失礼ですが,

加害者の方ですか?





a0023054_15102622.jpg

違ーう

[PR]

by beingontheroad | 2004-12-19 15:14 | メイン(仮)
2004年 12月 17日

絶大な疲労感.主に精神的に.

昨日はね,大変だったんですよ.

昼休みを終えて職場で仕事してたら,後輩サイトーから電話がかかってきまして,

サイトー:「交通事故に遭っちゃいました,テヘ.」

ハセガワ:「『テヘ』じゃねえよ!大丈夫か!?」

サイトー:「今,病院なんです.」

ハセガワ:「わかった,すぐ行く!」




上司の下に走るハセガワ.




ハセガワ:「マイ上司,大変です,昼休みにサイトーが交通事故に遭いました.今から病院に行って来ます.」


上司:「君がいって,どうするんですか?事態は変化するんですか?」





この,人でなし
[PR]

by beingontheroad | 2004-12-17 19:18 | メイン(仮)
2004年 12月 15日

もう仕事なんか休みにしようや

僕は一日に13時間以上働いております.

従って毎晩の食事は外食あるいはコンビニの食事で済ませることが一般的でして,病気になってないのが奇跡なハセガワでございます.

ディスプレイの向こうで「侘しいぜ,ハセガワ!」なんてつぶやいた奴もいるとは思うが,事実は事実である.

悔しかったら貴様も僕くらい必要とされる雑用係になってみろってンだ.
<自虐


んで,先日,毎晩の恒例イベントのコンビニ参拝に参った次第ですが・・・,
なんかね,クリスマスソング流れてるのな.

ウザい.

はっきり言って耳障り.

いつも切れキャラの僕も,本当の反対の反対の反対は温厚な人物でして,何が起こっても「まあ,いいけどさ」ってな感じの返答をします.

例えば,誰かが僕の机の引き出しに隠しているおやつを食べたりしても怒りませんし,北○鮮に拉致されたりしても「まあ,いいけどさ」で済ましてしまうくらいの心の広さを持ち合わせているわけないだろ!

取り乱してスマン.

話を戻しまして,とりあえず今回のクリスマスソングは気に入らん. <やっぱり切れキャラ

多分ね,それが1曲や2曲なら問題なかったんだと思うんです.

もし,1曲や2曲なら僕は不必要なほど腰をくねらせながら「あらあら,クリスマスシーズンが近づいてきたじゃない,うふ.素敵だわ.」で終わってた.

でも,だからってエンドレスでクリスマスソングをひたすら流すことはないだろ!

(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻

星一徹クラッシュも炸裂するってなもんですよ,ええ

やつらはきっと,


「クリスマスだから何やっても許されるんだぜ」



とか思ってるに違いない.

あかんやん,マジで.そんなんおかしいやん.

例えどんなに好きな食べ物でも毎日食べてたら飽きるのと同じ理論です.

小学生の時に「うどん大好き!」って祖母に言ったら,

4日間3食ともうどん出されて嫌いになった僕が言うんだから間違いありません.

改めてクリスマスについて考えて見れば,キリスト教徒でもない人間が,わざわざキリストの誕生日なんて祝う必要ない.

しかも,キリスト教徒にとってクリスマスは大切な家族の語らいの時間ですよ.

今の日本では,「クリスマス=カップル・・・・・・以上です.」って感じで,「家族」は不在.

そんなのキリストに対する冒涜ですよ.
とりあえず,キリストに謝れ

別にクリスマスだからってデートしなくてもいいんだよ!

例えば,いまディスプレイの前でこの文章を読んでいるあなた.

クリスマスに彼氏・彼女とデートの約束してらっしゃいますね?

きっとお相手の方,こう思ってますよ.

「あー,かったるいなぁ.なんでクリスマスシーズンの人ごみの中にわざわざ出ていかなあかんねん.デートはクリスマス終わってからでいいんですよ,ええ.」

しかしながら,世のため人のため日々努力し続ける研究者(つまり奴隷)の僕は,この不愉快さの解消するためにはどうしたらいいかと考えたのです.

例えばお正月はみんなそろってほのぼのやってますが,むかつかないでしょ?

じゃあどうしたら,クリスマスがこんなにむかつかなんくなるか?ということを考えてみよう.


まず手初めに,イスラム教のラマダンもクリスマス並に普及させるべし.

日本人の大半が仏教徒および神教徒なので,これで世界の三大宗教をクリアすることができる.

日中は,どれだけみんなが空腹でも,食事は摂れないから,非難ごうごうだと思いますが,

それは無視します

次に,お正月と同じように

音楽,飾りつけなどはイブからクリスマス当日にのみ許可します.

そして,最後に

クリスマスもイブも祝日にする.

これで完璧.

みんなに好かれるクリスマスになると僕は結論付けました.



あと,誤解のないように,念のために言っておくと,


「クリスマスとイブを休みたい!」

というフリのために,この長い文章を書いたわけではないのです.

はい,全てフリでした
[PR]

by beingontheroad | 2004-12-15 23:38 | メイン(仮)
2004年 12月 13日

誰か通訳してください

大上司:「えっと,ハセガワ君.」

ハセガワ:「はい,何でしょうか?」

大上司:「あれは,どうなったの?」

ハセガワ:「(;・∀・)ハッ? 『あれ』ですか?」

大上司:「うん,うん,うん,『あれ』だから.」

ハセガワ:「『あれ』だけでは何のことをおっしゃってるか分かりませんが・・・.」

大上司:「なに!?わかんないの!?ったくもー!ちゃんと,再インストールしないと.」



お前の脳みそをな
[PR]

by beingontheroad | 2004-12-13 23:15 | メイン(仮)
2004年 12月 10日

世の中,罠がいっぱいです.

師走ですよ,師走,師走.

もう12月がやってきて今年も残りが少なくなりました.

その割には毎日暖かいですよね.

2,3日前に予告無しに暖かくなって,気が大きくなった馬鹿が薄着で外に出たら風邪引いたりとかしちゃうわけだと納得しました. <自己弁護

いつもの冬だったら,今頃身を切るような痛い風が吹いて,僕はコタツから出られなくなっているはずなんです.

別にコタツに拉致監禁されているわけではないのですが,どうにもこうにも外に出られないわけなんですよ,ええ.

そんな僕も今年はコタツを出すのが遅くなりました.

実は昨日になってコタツを出したのです


それも夜中の1時過ぎてから.


いま,「フーン(´ι _`  )」って言った閲覧者の方もいらっしゃるとは思いますが,
僕の場合,「コタツを出す」という行為はコタツを出すだけでは済まないのが現状です.

なぜか?

まず,掃除から始めないといけません.

ちなみに,僕,最後に掃除機をかけたのがいつだかすら思い出せません

少なくとも,今年の夏からかけてないのは確実です

むちゃくちゃ汚い.

これじゃあ,その辺のごみステーションと間違われて,お隣さんが月曜と木曜の朝にごみを捨てに来たって文句は言えないんじゃないかと思うくらいです.

つまり僕の部屋が汚いのはお隣さんが僕の部屋にゴミを捨てたと言うわけです <思考回路破壊

あかんやん,マジで.

ホンマだめ人間.

っつうか,「だめ」か「だめじゃない」か,以前に


人間であるかどうかすら疑われかねません




あるいは疑ってすら,くれません

とか,なんとか言ってもですね,粘着テープ(ゴロゴロ)で掃除していたので,寝起きするには問題ない汚さでした.

だって,仕事始めてから自宅には寝に帰るだけやもん. 

寝起きに支障なければいいもん. <開き直り

まあ,話戻すと,1時過ぎてから掃除機かけ始めたわけで,ご近所迷惑もいいところだったわけです.

でも,「迷惑かけられるよりは,かける方がまだ楽なんじゃないか?」という,本当に良識ある大人なのかと人格を疑いたくなる理論によって,掃除及びコタツ出しを続行しました.







見違えるようだ.

よく見たらここは自分の部屋ではありませんでした.

本当に見違えていました.うそです.

でも,あまりの美しさに僕は自分の部屋に対して恋に落ちそうになったのは本当です.

抱かれてもいいと思った.うそです.

うん,これだけ綺麗になれば今年の初めに僕の部屋で鍋した連中が来ても,問題なく宴会ができるんじゃないでしょうか.

あ,前回の更新で僕には友達がいないと書きましたが,実は友達がいるようですね.







うそです
[PR]

by beingontheroad | 2004-12-10 23:01 | メイン(仮)
2004年 12月 08日

めんどくさいなぁ

先日,恒例のサイト巡回をしていて,同窓会という文字に目が留まりました.

そうか,そういう季節なのか.

僕は人よりも数倍季節感覚に乏しいので,気付かなかったんですが,

同窓会って年末にやるもんなんですね,知りませんでした.

言われてみれば年末とか夏休みの時期は同窓会の話が持ち上がりやすいみたいですね.

実際は,忘年会などでお酒をたしなむ機会が増えるのに便乗したといった感じでしょうか.


同窓会と言うと,みなさんどんなイメージを持つでしょうか?

旧友,恩師との再会・・・.

過ぎ去りし美しい日々を思い出し,久方ぶりに友と語り合う至高のひと時.

「あの頃はああだったよな・・・」とか,「今は・・・なんだよ」とか,過去と,過去に密接した現在の話に花が咲く.



なんて,きれい事言ってますけど,

みんな中に「ほとんど合コンじゃん」って思ったやつがいるのを先生は知ってるんだよ.
 <誰?

なんちゅうの,同窓会っていうとさ,昔好きだった異性とか,かつての交際相手に会うこともあるわけよ.

例えばありがちな,男女の再会.



タカシ:「よっ!久しぶり.元気だったか?」

カオリ:「久しぶり.私は元気よ.お互い顔を合わせるのって何年ぶり?」

タカシ:「5年ぶり・・・かな.最後に俺達が会ったのが,高校を卒業して1年後だったから.あれから・・・」


カオリの薬指に視線を走らせるタカシ.


タカシ:「結婚・・・したのか?」

カオリ:「うん・・・.いつまでもあの頃のことばっかり落ち込んでられないもんね.
あなただってそうでしょう?
今はきれいな奥さんか彼女がいて,今日もあなたの帰りの待ってる,違う?」


タカシ:「違うな.今でも俺はあの時,お前と過ごした時間の中に心を置いたまんまなんだ.」

カオリ:「止めてよ,タカシ.感傷に浸るのは止めて.
あの頃とは違うのよ,あなたも,わたしも.だから,そんな古いこと忘れちゃって,自分たちの今を生きまsy」


タカシ:「お前が好きだ.」

カオリ:「え?な,何言ってるのよ,さっき結婚したって言ったじゃない・・・.」






と,ここまで想像した時点で,

僕の高校は共学ではないことを思い出しまして・・・ 
女子高でした



まあまあ,いいやん,そんなこともあるやん? <遠い目で

共学じゃなくても僕には楽しい高校生活でした.

勉強したり,勉強したり,勉強したり・・・,いろんなことがあったなぁ. <ない

クラブも入ってなかったし,

友達もいなかったし,

そろそろ泣きたくなってきたし・・・ (TдT)


でもね,僕はまだ同窓会なるものに参加したことさえないのです.

あれだけ,同窓会の話でここまで引っ張っておいて,正直スマンかった.

でも,ないものはないのです.

やっぱりあれか?僕が嫌われ者だったからか?

まぁね,分かってますよ,どうせ僕は嫌われ者で,やな奴でしたから,

親密にしているクラスメイトもそんなにいませんでしたし,

僕を避けるクラスメイトすら少なくなかったと記憶していますよ.


だからって僕を同窓会に呼ばないってのはひどいと思いませんか?

普通だったら,嫌いな奴でも,人づてでもいいから連絡とって,同窓会に誘ったりするわけじゃないですか,ええ.

全く,近頃の若者(?)といえばいつもこんな感じですから.

いったい,全体,誰が幹事なんだ?

僕をむちゃくちゃ嫌ってたSか?

それとも他の誰かか?

思い出せ.

卒業式の時に,最後のホームルームで同窓会の幹事決めただろう?

誰だ?



思い出した・・・.


そうだよ,思い出した!









幹事は僕でした
[PR]

by beingontheroad | 2004-12-08 22:09 | メイン(仮)
2004年 12月 06日

たまにはいいんだよ,たまには.

ハセガワ・ゴンザレスです.
いいのか,僕!?




昨日ぐらいからまた体調が悪くなっております.









a0023054_2249483.gif

貧弱ゥゥゥゥッ



うるさい黙れ

今回は咳はないのですが,吐き気がするので,また別の風邪なんでしょう.




僕の職場では誰かが出張するたびに買ってきたお土産の箱がたまっております.

誰か捨てればいいのに,誰も捨てない.

不注意なことに「誰か捨てろ」なんて言おうものなら,
「お前が捨てて来い」などど言われかねない,危険極まりない職場である.

もちろん,危険さを増幅させているのは,基地外かつ,ガイキチ,あるいは存在そのものがセクシャルであると,熟女のあいだだけでうわさの僕がいるからであろう.

☆美しさって罪ね☆




いま,丁度,数人の閲覧者が僕の美しさに嫉妬してブラウザを閉じたのを感じたのは気のせいではあるまい.




そんなわけで職場のお土産の箱に載ってるこんなものを入手したんです.

↓クリックで拡大
a0023054_2246277.jpg



僕の通っていた大学では「マスオさんの実家はどこ?」っていう問題がテストに出たからな.
<マジ

これ持ってたら余裕だったな.





以前から思っていた.

言える.



言えるぞ!



今度こそ言える!












a0023054_23143761.jpga0023054_23145361.jpg










お前らかぶりすぎ


ホンマにかぶりすぎ!

ここまでかぶってるとわざとやってるんじゃないか!?





長谷川町子のボケの遺産か!?




もうね,長谷川だけにハセガワ臭がプンプン漂ってきます!
<町子先生に謝れ!




しかも,





まだだ.まだ終わらんよ!







a0023054_23233751.jpga0023054_23235037.jpg














お前ら仕事せえや!








↓クリックで拡大
a0023054_2333299.jpg










ねえ,1o0さん・・・


僕らこそ「かぶりすぎ」かつ

「仕事しろ」コンビなんじゃないでしょうか?





なんだよ,ダリアさんだけまじめに仕事してたの?
[PR]

by beingontheroad | 2004-12-06 23:44 | メイン(仮)