being on the road...途上であること

botr.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:先代!ジェンキン寿司!( 9 )


2005年 08月 21日

MQ再び

このお話は先代!ジェンキン寿司!の4話目です.
初めてお越しになった方は第1話第2話第3話第3.5話第3.7話第3.8話を先にご覧下さい.



助手:「青森なんて遠すぎなんだよなぁ.
第一,博士よりも重傷だった私はもう退院したんだから,博士もいつまでも入院してるなんて言ってないで,そろそろ帰宅すべきだと思うだけどなぁ・・・」 <でかい独り言

助手:「入院っていうか,・・・ホントは隔離されてるだけだろうけど・・・」



病院に入っていくイシカワ.



助手:「博士,イシカワです.入りますよ.」

博士:「おお,イシカワ君,来たかね.遠い所,ごくろうさん.あ,彼はMQ君,名前が怪しいのは無視してくれ給え.以前彼も入院していたんだが,その時に知り合った.なんでも,原因不明の貧血で入院してたらしい.」

助手:「初めまして.助手のイシカワです.博士がお世話になっております.」

MQ:「初めまして,MQです.ハシモト先生は楽しいかたです.
いい茶のみ友達になってもらってます.」


助手:「とんでもないです.こんな上司ですがよろしくお願いしますw
・・・博士,そろそろ帰りましょうよ,いつまでも病気なんて言ってたら,ホントに病気になっちゃいますよ.事件から何ヶ月も経って,これからハセガワも再構築してやらなきゃならないのに・・・」

博士:「嫌だよ,私は.大体,ホントに特務隊の幽閉は済んだのかね?君は共犯だったから,幽閉まで行かなかったけど,私はテロ疑惑までかけられて,幽閉の末,尋問まで受けたんだよ.
それに,研究結果の一部まで持って行かれたようだし・・・.もうやだ,私は引き篭もるよ.」


助手:「何言ってるんですか,いつまでたっても病気って訳にはいかないでしょう?そろそろ退院して下さい.HT-78-2のソフトウェアの方は,私がバックアップを取ってありますから何度でも蘇らせる事が出来ます.」

博士:「確かに,ソフトは健在だし,私のセーフハウスにあるMk.Ⅱの機体を使えば今すぐでも回復できる.もちろん,それも官憲に抑えられていなければの話だが・・・.しかしながら,一切接収されていなかった場合でも,これまでに蓄積したメモリーが存在しなければかつてのハセガワと同一のハセガワではない.特務隊の話では現場からメモリーは発見できなかったと言うことだ・・・.」

助手:「・・・.しかし,ここで寝てれば解決する問題でもないじゃないですか.とにかく研究室に帰りましょう.」

MQ:「まあまあ,イシカワさん,何か飲んでゆっくり話しましょうよ,俺もハシモト先生の説得に付き合いますから.もうそろそろしたら,ここの病院に出入りの喫茶店の出前が来ますから.」

助手:「そうですか,MQさんがそうおっしゃるなら,それで・・・」



数分後



出前:「こんにちは,本日は何か御用ございますか?」

博士:「おー,来た来た,毎日楽しみなんだよ.さあさあ,イシカワ君,MQ君,好きなものを頼みたまえ.私がおごるから.」

助手:「ありがとうございます,じゃあ,何にしようかな?」

博士:「なんでもいいよ.ハセガワがいなくなってからと言うもの,誰も変態発言をしてくれるヤツがいなかったんだけど,最近ではMQ君がガンガンに飛ばしてくれて,私も楽しいんだよ.MQ君は何にする?」

MQ:「そうですねぇ,じゃあ,ハシモト先生のご期待に答えまして・・・,点滴ください!

           ┬-.∥
    _  ∩    | | .∥
  ( ゚∀゚)彡    Y .∥   点滴!点滴!
  (  ⊂彡     /  .∥
   |   | \_/   .∥
   し ⌒J      / ∥\
    MQ」


出前:「はははっ!それはちょっと用意できそうにありませんねぇw」

博士:「な!? MQは面白いだろう?ちょっとジミー大西のネタとかぶってるけどなwイシカワ君は何にする?MQ君みたいにボケても大丈夫だぞ?!」

助手:「私ですか? そうですね,じゃあ・・・













母乳下さい!



博士:「
a0023054_2247865.jpg

なんだってーーーーー!



MQ:「キタコレ」


出前:「ちょwwwwwwwwwwwおまwwwwwwwwwww無理wwwwwwwwwww」


博士:「MQ君,な,なんとかしてくれ,イシカワ君がおかしい・・・!」



MQ:「ガタン!」 <立ち上がるMQ










MQ:「イシカワぁ!















俺の乳を吸え!




博士:「
a0023054_2247865.jpg

なんだってーーー!




出前:「ブクブクブクゥ バタン!」 <即死



博士:「出るわけない,出るわけないだろ・・・!



MQ:「出る!出してみせる!

姪っ子ができたから,伯父さん乳が出る!




博士:「ば,バカな・・・!



助手:「伯父さんのおっぱい

チューチューチュー!
」 <明治おいしい牛乳風



博士:「
a0023054_2252278.gif
うわぁぁぁぁーーーーー!




助手,MQ:「
                おっぱい!おっぱい!
          -=≡    _  ∩  _  ∩
         -=≡   ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡 
        -=≡   ⊂  ⊂彡  ⊂  ⊂彡  
         -=≡   ( ⌒)    ( ⌒)  
          -=≡  c し'    c し'   
                MQ   イシカワ

    おっぱい!おっぱい!
   ∩   _     ∩   _     ≡=-   
   ミ(゚∀゚ )   ミ(゚∀゚ )  ≡=-  
    ミ⊃ ⊃    ミ⊃ ⊃   ≡=-
     (⌒ __)っ  (⌒ __)っ   ≡=-
     し'´     し'´     ≡=-
     MQ     イシカワ




博士:「だ,ダメだ・・・,私も即死しそうだ・・・.
こんなときに・・・ハセガワがいてくれたら・・・意識が遠くなっていく・・・



・・・・



ハセガワ・・・!









     (;'゚д゚) ハセガワなのか?      _ _
  c(,_U_U                  ( ゚∀゚ ) 
    ハシモト                 し   J
                          |   |
                          し ⌒ J
                         ハセガワ

   
    (;'゚Д゚)て!!    おっぱい!おっぱい!
  c(,_U_U       ∩   _   ≡=-
    ハシモト      ミ(゚∀゚ )  ≡=-  
               ミ⊃ ⊃   ≡=-
                (⌒ __)っ   ≡=-
                 し'´     ≡=-
               ハセガワ


         おっぱい!おっぱい!
         _ _ ∩      ∩ _ _   
      ( ゚∀゚) 彡      ミ(゚∀゚ )  
      ⊂l⌒⊂彡        ミ⊃⌒l⊃ 
      (_) )  ☆    ☆  ( (_)  
      (((_)☆       ☆(_)))
      ハシモト        ハセガワ



ハシモトふっかーつ!
      _  ∩
     (*゚∀゚)彡
     ⊂  ⊂彡
     (つ ノ
      (ノ
\    ☆
     │   ☆
    (⌒⌒ヽ /
  (´⌒ ⌒ ⌒ヾ
 ('⌒;⌒ ::⌒ )
.(´  )  :: )
 (´⌒;  :⌒`) )








                おっぱい!おっぱい!
          -=≡    _  ∩   _  ∩      ≡ _  ∩
         -=≡   ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡  ≡   ( ゚∀゚)彡 <おっぱい!
        -=≡   ⊂  ⊂彡 ⊂  ⊂彡  ≡   ⊂  ⊂彡 <おっぱい!
         -=≡   ( ⌒)    ( ⌒)    ≡    ( ⌒)
          -=≡  c し'    c し'       ≡  c し'
                 MQ   イシカワ       ハシモト













博士:「復活!



助手:「おお!博士!」


MQ:「元気になりましたね!」


助手:「頑張ったかいがありましたw」


博士:「うむ!二人ともありがとう!」


助手:「じゃあ,研究室に一緒に帰ってくれるんですね?」


博士:「今すぐ帰るぞ!世話になったなMQ君!ありがとう!」


MQ:「いえ,俺もずいぶん遊んでもらいましたからね.



あと,イシカワさん.

乳首を強く噛み過ぎですよw



助手:「あ,ごめんなさいw帰りに治療してもらってください.はい,これ治療費です.」


博士:「ホントに噛んでたのか?変態だな,お前らw」


助手:「博士が言いますかw」


MQ:「まあ,いいじゃないですか.じゃあ,お気をつけて」


助手:「いや,あんまりよくないけど・・・w」


博士:「じゃあ・・・」



医師:「はいはいはい,3人ともちょっと待ってねー.精神科の診断を受けてください.」


3人:「
a0023054_2247865.jpg

なんだってーーー!


fin





Epilogue



陸上自衛軍青森基地特務隊第二諜報室にて

諜報員:「スネーク!応答せよ!スネーク!・・・喫茶店の出前店員に偽装して監視対象甲を監視していたスネークからの連絡が途絶えた・・・!」



病院にて

助手:「ああ,酷い目にあった・・・」

MQ「なんで俺まで・・・w」

助手:「まあ,頭の中身を疑われても仕方ないことをしたわけですがw」

博士:「よし,これで,MQ君ともホントにお別れだな.

じゃあ,・・・元気で・・・」






5歩だけ歩いて振り返るハシモト.




博士:「あ,そうだ・・・」


MQ:「?・・・どうしました?」


博士:「退院とブログ復活おめでとう.」


助手:「おめでとうございます.」



MQ:「・・・.



何度でもいいますよ・・・ありがとう」

[PR]

by beingontheroad | 2005-08-21 23:24 | 先代!ジェンキン寿司!
2005年 08月 11日

再始動

このお話は先代!ジェンキン寿司!の3.8話目です.
初めてお越しになった方は第1話第2話第3話第3.5話第3.7話を先にご覧下さい.



神奈川県警ササキ警部補の捜査記録

1月13日に大音響と共に発生した神奈川ディストラクションは付近の建物に一部損壊を与えたものの,死者0名及び負傷者2名という奇跡的な結果に収束した.

主犯格はハシモト助教授,共犯はイシカワ助手.

主犯格ハシモトは軽症であるが,逃亡時に共犯のイシカワがハシモトをかばって負傷.

全治2ヶ月との診断結果から,イシカワの回復を待って事情聴取することになるだろう.

当初,神奈川県警では事故の線から捜査が実施されたが,テロの可能性を強く主張する警視庁と激しく対立し,指揮権の取り合いから初動捜査の段階で有力な証拠が挙げられなかった.

爆発したHT-78-2の動力に核融合炉を搭載していたとの未確認情報と共に,高速増殖炉を搭載していたという未確認情報も飛び交い,事態は事故からテロ,そして核テロの可能性まではらみ始めた.

事態を重く見た警視庁は,この件を広域指定犯罪に指定したが,あべこべに核テロであると主張する軍と,神奈川県独特の事情で,米軍まで介入する4つ巴の指揮権闘争に発展した.

事件発生から数週間という異例のスピードで当事者間で民事の和解が成立したものの,最終的に漁夫の利を得る形で指揮権を得たのは軍の特務隊だった.

有力な物的証拠が押さえられないまま現場の指揮権は特務隊に移行し,以後県警として立件は見合わせるという決定が先ほどだされた.



気になることに,被害者daria_callas(ウルグアイ東方共和国籍)はディストラクションの直撃を受けているものの鍛え上げられた屈強な肉体には傷ひとつなく,事件発生後に駆けつけた所轄捜査員の問いかけにも一言

ダリア:「天!」

と答えただけだった.

また,共犯者イシカワの逮捕時の言葉は

助手:「ヘルメットがなければ即死だった.」

であった.

鑑識の報告ではヘルメットの類は発見されなかったとのことから,おそらくはヅラのことであろうと推測される.

[PR]

by beingontheroad | 2005-08-11 12:06 | 先代!ジェンキン寿司!
2005年 01月 23日

イベント発生

このお話は3.7話目です.
初めてお越しになった方は第1話第2話第3話第3.5話を先にご覧下さい.



登場人物とメカの紹介

博士
a0023054_20105456.gif工学博士
ステータス 健康



助手
a0023054_20105456.gif工学修士
ステータス ヅラ



ハセガワ
a0023054_20114845.gif汎用試作型更新ロボット
ステータス 戦闘不能




博士:「はいはーい,私たちのSS名が決まったよー!」

助手:「ちょ,ちょっと待ってくださいよ,博士.
おかしいですよ.私のステータスの欄がおかしいです.」

博士:「・・・.何が?」

助手:「『何が?』じゃないですよ!どうして私のステータスが『ヅラ』なんですか!?」

博士:「だって,ヅラじゃん・・・.」

助手:「ひどいじゃないですか!これはもはや私の体の一部なんですよ!」

ハセ:「もうなんでもいいじゃないですか (・∀・)」

助手:「ハセガワ!お前,ダリアとの戦闘で死んだんじゃなかったのか!?」

ハセ:「『死亡』ではなくて,『戦闘不能』ですよ,ええ.イベント発生時には都合よく生き返りますから.」

助手:「それはいいなぁ.でも負けたんだから,ステータスは『虚弱』の方がよかったんじゃないか?」



ハセガワ
a0023054_20311648.gif汎用試作型更新ロボット
ステータス 虚弱


※画像はイメージです.



ハセ:「( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!」

博士:「うるさい,さっさと本題に入るぞ!」

助手:「・・・はーい.」

博士:「1月19日に募集した件について,結果発表!」

第4位  「人間なんですよ、ええ」 1票

      「アルコールはおやつに入りますか」 1票

第3位  ハセガワ委託 3票

第2位  「更新戦死ハセガワ」 4票




そして第1位は!?







「ロングタイム脳死」 ∞票
                  








博士,助手,ハセ:「な,なんだってェーーー!」
a0023054_2193131.jpg




助手:「は,博士,本当にやるんですか?!これはもしかしたら問題になるかもしれませんよ・・・!」

博士:「しかしなぁ,決め事だしなぁ・・・」

助手:「考え直してください,博士!某巨大総合掲示板のスレッドでたたかれるようなことになりますよ!」

博士:「し,しかし・・・一人何票入れてもいい募集だったんだぞ.もはややるしかないだろ?」

ハセ:「では,期間限定ということにして,お茶を濁してみては・・・?

博士:「
OK、博士。誤魔化し開始します。
           ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  ) 誤魔化しなのにフォント大き目とは流石だよな
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i  
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
_(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃

   ガタガタガタタタタタ・・・・




助手:「では代案を考えましょう.」

博士:「確か,keiさんが『仙台ジェンキンス』がいいって話があったよな?」

助手:「確認します・・・,そう・・・ですね,そういう発言がありました!」

博士:「よし,決まりだな.『仙台ジェンキンス』だな!でも『仙台ジェンキンス』のまんまでは問題あるかもな・・・」

ハセ:「では,『先代!ジェンキン寿司!』では?

博士:「おお,それだ!」

助手:「はかせー!」

博士:「いいじゃないか,『魁!男塾!』みたいで!」

助手:「落ち着いてください,博士!そんな事をしたって,何もならないじゃないですか!」

博士:「うるさい!ネタになればいいんだよ!」

助手:「ブクブクブク バタッ!」 <倒れた

ハセ:「ということで,MQさんan121さんkeiさんを訪ねるまでは『先代!ジェンキン寿司!』で,シリーズが一段楽したら『ロングタイム脳死』で逝きましょう」

博士:「うむ,それで逝こう!




『期間限定にした意味ないだろ』ってツッコミはしない方向でな」




素材は狂戦士軍団 IN NETさんからお借りしました.ありがとうございました!
[PR]

by beingontheroad | 2005-01-23 22:03 | 先代!ジェンキン寿司!
2005年 01月 19日

再び募集

先週,1月10日に募集した博士,助手,ハセガワのSSの名前ですが,1月17日で締め切りました.

みなさん,たくさんのcommentありがとうございました!

こんなに多く書き込んでもらえるとは思ってもなかったので,びっくりしております.

ところで,多くの方にご提案くださった嬉しさのあまり,僕自身あんまりチェックしてなかったのですが,誰も『~に一票』って書いてませんよね?

なんですか?

これは,あれですか?

「とりあえずネタばかり提案しておいて,その中からハセガワがどんなバカなのを選ぶか試してやろうキャンペーン」ですか?

やりかねん,このブログの閲覧者ならやりかねん!



そんな策略にはまるのは癪なので,この際,皆さんご提案の中から更に多数決を取りたいと思います.




「更新戦死ハセガワ」

「アルコールはおやつに入りますか」

「博士の抜いた棘」

「目指せBカップ!博士は豊胸実験中♪」

「見ろ!人がハセガワのようだ!!」

「見ろ!ゴミがハセガワのようだ!!」

「見ろ!ハセガワが人のようだ!!」

「人間なんですよ、えぇ。」



・・・

OTL


改めて羅列して見ると,ヘコむなぁ (´Д⊂

1月22日を締め切りにして,commentに「~に1票!」ってな感じで投票してくださいな.

複数投票,重複投票アリですから,「~に10票!」でもOKですから,ええ.

もうね,僕の政治判断なんて言いませんから.

多数決で,一番多く得票したのをSSの名前にしますから.

だから,みんな,明らかに最悪な候補には投票するなよ!

ゼッタイだぞ!








あ,これ,「いじってくれ」っていう前フリです.









commentのレスはこちら
1o0さん
やっぱりやるんですね?
貴方ならやると思ってました・・・w
当初からそんな感じがしてましたからね.
実はこの投稿の原稿は
「やりかねん,このブログの閲覧者ならやりかねん!」
ではなくて
「やりかねん,1o0ならやりかねん!」
の予定だったのです! あちゃ~ 



サムライガールさん
そうね,日本をだいぶ満喫してたみたいね.
せっかく近くに居るんだから,もうちょっと絡みたかったけど,忙しそうなのはブログから伝わってきましたw
まあ,あの様子じゃ,僕の出る幕はないわなw

はいよ,参加ありがとうです!



MQさん
問題はネカマである必要があるか否かですw
キーー!
ボキュに決めさせる気だね!
そして,僕を笑う気だね!
ああ,もっと笑って! <激しく身悶えながら



植田さん
植田キタ━━━━━━\(T▽T)/━━━━━━ !!!!!
なになに,合計3票も入れてくれるんですか!?
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

ところで,こないだは書き込みさせていただいて,ありがとうございました.
あとあと考えてみたら,なんか荒らしみたいで,ちょっと自己嫌悪したんですが・・・.
次回は植田さんとこのお客さんに怖がられないようにしますんでw



ダリアさん
でたよ,1o0との最強コンビ.
二人してなんですか,僕をいぢめに来たんですか?
<つうか,いつもだろ.
まあ,なんとかしますw



keiさん
ありがとうございます!
仙台ジェンキンスっていうのもお気に召したわけですね ( ̄ー ̄)ニヤリッ



an121さん
ええ,ええ,いまハセガワは戦死中ですからねw
つうことでありがとうございます!



junoさん
どうも,こんばんは.
実は僕も,SSの意味が分かりませんw
植田さんが初めにSSって呼んでたので,「ふーん,SSっていうんだ」と思った次第です.
むちゃくちゃ適当な企画立案者ですw
ねえ,植田さん,なんでSSって言うんですか?

さて,この企画の内容ですが,第1話第2話第3話第3.5話のお話に題名をつけようという企画です.
上の選択肢から選んでもらってもいいですし,お好きな題名を考えていただいても結構です.
とりあえず僕がろくでもないやつだということが伝われば幸いです. <幸いか?



1o0さん
キ…(-_-)キ(_- )キ!(-  )キッ!(   )キタ(.  ゚)キタ!( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━━
「ロングタイム脳死」ですね,受け付けました!
しかも,むちゃくちゃ票数でかい!
それって,∞票ってことでしょ!?
はいはい,決まっちゃうかもね,うん,マジでw
僕はやっちゃうやつですからね,ええ.
もちろんあなた限定です.
厳密にはあなたとダリアさん限定ですよw



植田さん
やったー! ヽ(´ー`)ノ
じゃあ,もう問題なしの方向で逝かせてもらいますw
もうね,作っちゃいますから,「何やって~」のコンテンツ内に「ハセガワ」ってね♪
<あ,冗談です,本気にしないで下さん.僕等が言い出すと,よく実現しますからねw

ショートショートだったんですか!?
じゃあ,コントってことですね?
なるほど,納得だ.
この際,マイナスイメージでも何でもいいですよ.
だってもうこれ以上下がりようがn(ry

クオリティwwwwマイナスwwwwぇうぇwwww  <末期
[PR]

by beingontheroad | 2005-01-19 22:59 | 先代!ジェンキン寿司!
2005年 01月 15日

画像で一言.

このお話は3.5話目です.
初めてお越しになった方は第1話第2話第3話を先にご覧下さい.




登場人物の紹介
ダリア
エキサイトIDはdaria_callas .
エキサイトブログ,「腹黒いダリアの日常。」の管理人.
また,「腹黒いダリアの日常。」以外にもメインサイト,Dariaの壷開かずの押入れ。を運営する才女.
現在,愛しのだーりんと遠距離恋愛中!
本来,一子相伝の北斗神拳の伝承者となるはずだったが(ry




ダリア:「ねえ,だーりん,私,あんなお家に住みたーい!」





↓注:ダリア

a0023054_2328642.jpg

注:だーりん↑



だーりん:「いや,『天』って何!!?」
[PR]

by beingontheroad | 2005-01-15 23:34 | 先代!ジェンキン寿司!
2005年 01月 13日

はいはい,できまちたよ~.

これは3話目です.初めての方は第1話第2話を先にお読みください.





登場人物とメカの紹介

博士
本名はハシモト
ロボット工学のエキスパートでハセガワの生みの親.
世渡り下手なために未だに助教授止まり.
実はバツイチ.

助手
本名はイシカワ.
ハシモト博士の助手を勤めるまじめな30代後半男性.
電子工学のエキスパートでハセガワのAIの生みの親.
世渡り下手なために,まだ博士号の学位が取得できていない.
実はヅラ. 「実は」っていうかバレバレ.

ハセガワ
本名はHT-78-2. 5倍のゲイン.
ハシモトとイシカワの愛と努力の結晶.
汎用試作型更新ロボット.
固定武装は頭部バルカンのみ.
将来的には核融合発電で稼動するはずだが,まだアルコール発電.
ライバルはドラ○もん







ハセ:「あとで絶対に鎌倉のハセ寺行きましょうね!絶対ですよ!」

助手:「ハセガワ,ハセ寺じゃなくて長谷寺だろ?」

ハセ:「僕にとってはハセ寺なんですよ,ええ.」

助手:「でもなぁ,博士の学会発表で横浜まで来てるだけなんだぞ.遊びで来てる訳じゃないんだぞ」

ハセ:「なんで口調が説明口調なんですか?」

助手:「いや,ほら・・・,誰かが説明しないと・・・.」

ハセ:「何を?誰に?」

助手:「誰にって・・・,ねぇ・・・.ところで博士はどこ行ったんだ?」

ハセ:「なんか,中華街に行くとか言ってましたよ.」 <単純

助手:「なに!?お一人で逝ってしまったか・・・.うん,もう逝っちゃったらいいよ.」

ハセ:「あ,いま博士から電脳通信が入りました!
a0023054_2353942.jpg

た,大佐ぁ?


博士:「スネーク,私はキャンベル大佐ではない.大佐とは違うのだよ,大佐とは.」

ハセ:「失礼致しました,ランバ・ラル大尉!いつの間にか電脳化してたんですね.あと,僕もスネークじゃなくてハセガワです!」

博士:「わかった,ちなみに私もランバ・ラルではないよ.とにかくこちらへ来い,スネーク.今から現在地を電通で送る.」

ハセ:「だからスネークじゃないっていってるでしょ?分かりました,とにかく行きますよ.」







博士の下に移動する二人.








博士:「来たな,二人とも.ところで,イシカワ君,私の悪口言ってたね?『逝ってよし』とか聞こえたよ.」

助手:「い,言ってません.空耳です. (;・∀・)」

博士:「まあ,いいだろう,覚えておけよ.」

ハセ:「それで,博士,いったいここは何処なんです?見たところ住宅地ですが・・・.滝登さん家に行くんですか?」

博士:「違うな・・・,よし,付いて来い.」







博士と共にあるマンションに入っていく.





博士:「ここだよ.ハセガワ,鍵を開けろ.」

ハセ:「ピッキング開始!・・・開きました.」

助手:「また,都合よく開いちゃうんですね.この部屋は博士の部屋ですか?やたらと女性の部屋みたいですが・・・.まさか博士,愛人の家じゃないでしょうね?あー,でもだいぶ散らかってる.」

博士:「それも違う!ここはダリアの部屋だ!ハセガワ,鍵を閉めておけよ.」

助手:「Σ( ̄□ ̄;  いったいここで何をするんです!?」

博士:「決まっているだろう!ガーターベルトとストッキングを探すのだ!」

助手:「おかしいやん!!ゼッタイ,おかしいやん!

博士:「奴は『ガーター持ってる』って言ってたけど,あんなの嘘にちがいn」

助手:「止めて下さい,博士!こんなことがばれて問題にでもなt」

ハセ:「誰か来ましたよ!」

博士:「隠れろ!」


ガチャ


ダリア:「ただいま,っと.」  <でかい独り言


小声で
博士:「ハセガワ,バルカンで奴を絞めてやれ!!」

ハセ:「承知!」






ハセ:「食らえ!バルカン!」




ダリア:「
a0023054_22544836.gif
↑注:ダリア

効かぬ,効かぬのだ!




助手:「
a0023054_2255996.jpg
うそーん!!




ダリア:「
a0023054_22532665.gif
↑注:ダリア

きさま,なに者だ!!




助手:「ハセガワ,小破!」



博士:「砲撃手,何をやっている!?



助手:「あんたこそ,何言ってるんですか!?」



ハセ:「まだだ,たかがメインカメラをやられただけだ!!」
 <眼球飛び出しながら



ダリア:「もう一発!!!



助手:「ハセガワ,大破ァーーー!!!!」



博士:「左舷,弾幕薄いぞ!!」



助手:「って,はかせぇーーー!!



博士:「イシカワ君の頭も薄いぞ!!」



助手:「何言ってるんですか!!博士,後退してください!!」



博士:「何を言う,君の毛髪の生え際なら,

とっくに後退しているじゃないか!!!!




助手:「だから,退避ですよ,退避!!!!」









博士:「え,堆肥?



助手:「もう,おっさん帰れよ.」




fin









Epilogue


ハセ:「ゴメンナサィ・・・,イシカワァサン.ハセデラニハ・・・イケソゥニアリマs・・・n

(自動音声)
AIが停止しました.機密保持の為,3分後に自爆します.退避してください・・・
[PR]

by beingontheroad | 2005-01-13 23:16 | 先代!ジェンキン寿司!
2005年 01月 10日

募集中!

緊急募集 別に緊急でもない


初めてお越しの方はこちらをごらんください
前作今作に続いて,更なる続編の製作が決定した,博士,助手,ハセガワのSSですが,何か名前がないと不便ですし,愛着がわかないんじゃないかと思いまして,今回名前を募集することにしました.

一週間の間,つまり1月の17日までに「これぞ,最高のネーミングセンス!」と各自が思った名前をcommentしていただけたらと思います.

ネタでも,マジでもいいですからどんどん書き込んでください.

多数決と僕の政治判断で決めます.

この際ですから,民主主義という名の数の暴力を振りかざしてもらいまして,僕に恥をかかせていただければ最高なわけないだろ





模範的な例

A:「仙台ジェンキンス」がいいと思います!

B:「仙台ジェンキンス」に一票!

C:「腹黒い幸福は一夜遅れてさえ来ない日常故の人生」がいいと思います.

A:そいつらレギュラーじゃないだろ!C逝ってよ..._〆(゚▽゚*)

B:Aさん,スルーで行きましょう.

D:「アジアの片隅もど記」・・・.



ごめんなさい,これは模範もど記でした.











commentのレスはこちら

MQさん
たくさんのご提案ありがとう!めちゃくちゃ面白いことになりそうです.MQさんが真っ先に書き込んでくれてうれしかった.あと,荒らしかどうかは僕が決めますし,もう,バンバン書き込んでください!個人的には「アルコールはおやつに入りますか」が大好き!




1o0さん
なかなか懐かしいネタを出してきましたねwいずれあれも「再掲」しないと風化してしまいそうですね.1o0さんって「私は乳ナイです」みたいなトークなさいませんね.まさか・・・!巨乳!?敵です,僕の敵ですよ!(AAカップ代表) <スイマセン,取り乱しました

まだ時間ありますのでよく推敲してくださいな♪



ダリアさん
ちょ,ちょっと待って,それって「見ろ!人がゴミのようだ!!」のゴミの部分が「ハセガワ」になってるんじゃないの?ゴミですか,ボキュ,ゴミなんですか!?

・・・

そう,街の片隅で生まれた美しいゴミ.ああ,この美しさって罪よね <不必要に腰をクネラせながら
<直後に燃えるゴミ行き.いや,「燃えるゴミ逝き」



1o0さん
お,鬼~ (´Д⊂グスン
僕の望んだとおりなんですがw



ダリアさん
仲間っていいですね~ 泣きながら
もはや,みんなの中でゴミ=ハセガワの図式ができているようでして・・・.



anさん
ホントに誰が人間なんですか!?
あと,やつらには感心しなくて良いですよ.
もうね,僕をネタにする事以外考えてませんから.
あ,別にダリアさんに復讐したわけではないのです.
[PR]

by beingontheroad | 2005-01-10 21:54 | 先代!ジェンキン寿司!
2005年 01月 06日

僕は病気なんでしょうか?

前回はこちら


登場人物とメカの紹介

博士
本名はハシモト
ロボット工学のエキスパートでハセガワの生みの親.
世渡り下手なために未だに助教授止まり.
実はバツイチ.

助手
本名はイシカワ.
ハシモト博士の助手を勤めるまじめな30代後半男性.
電子工学のエキスパートでハセガワのAIの生みの親.
世渡り下手なために,まだ博士号の学位が取得できていない.
実はヅラ. 「実は」っていうかバレバレ.

ハセガワ
本名はHT-78-2. 5倍のゲイン.
ハシモトとイシカワの愛と努力の結晶.
汎用試作型更新ロボット.
固定武装は頭部バルカンのみ.
将来的には核融合発電で稼動するはずだが,まだアルコール発電.
ライバルはドラ○もん



助手:「博士,大変です!」

博士:「
a0023054_2212998.jpg
な,なんだってェーーーー!


助手:「まだ,何にも言ってませんやん・・・.相変わらすリアクションがデカイですね.人数増えてるし.」

博士:「それで,何が大変なんだい?」

助手:「私達が復活するらしいです,それも本年最初の更新で!」

博士:「
a0023054_22152189.jpg
な・・・なんだって!!


助手:「だから,もういいですから.」

博士:「読めたぞ,ハセガワのやつ,自分がめんどくさいから,私達に仕事をさせる気だな?」

助手:「概ね正解のようですね.台本によるとここで,新年の挨拶をすることになってます.さあ,博士,準備してくださいよ.」

博士:「うむ.」

博士・助手:「新年,明けましておめでとうございます.

本年もよろしくお願い申し上げます.


博士:「いやー,めでたい.ハセガワの代打とは言え,しょっぱなから登場ってのはいい気分だな.」

助手:「ですよね.ところでハセガワ見ませんでしたか?さっきから見当たらないんですが.」

博士:「ホントだな.さっき,居間でお屠蘇呑んでたぞ.まさか,まだ呑んでるんじゃないだろうな?」

ハセ:「失礼ですね,もう呑み終わりましたよ ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ」

助手:「あー,ダメだ,完全に出来上がっちゃってる.うわ,こいつ,おせち全部食ってやがる!朝から呑み始めて,夜10時まで呑んでるって普通じゃないですよ.」

博士:「仕方ない,正月早々から,行きつけのダイニングバーにでも行って何か食べるか.」



行きつけのダイニングバーへと移動する3人.



店長:「いらっしゃいませ.ハシモト先生,明けましておめでとうございます.本年も本店をどうぞ,ごひいきに.」

博士:「おめでとう,マスター.まいったよ,ハセガワのやつがおせち全部食べちゃって.今日は何か食べ物あるかな?」

店長:「本日,フードメニューの大半は終了しておりまして.今の時間からですと,こちらのメニューのみになります.」

博士:「うん,なんでもいいよ.酒はいつものを3つで.」

店長:「かしこまりました.フードメニューは係りの者がご注文を伺いに参りますので,お伝えください.」



店員:「お待たせ致しました,ご注文はお決まりでしょうか?」

博士:「えーっと,前菜の盛り合わせを1つと・・・」

店員:「前菜の盛り合わせはありませんよ!?(@@;」

助手:「そうですか,なんか他のたのみますか.」

博士:「じゃあ・・・,










前妻の盛り合わせを.」





助手:「はかせー!!




店員:「よろこんで!




助手:「違うやん,それ焼き鳥屋やん!



ハセ:
      ☆ チン     マチクタビレタ~
                        オナカスイタ~
       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < 前妻まだ~?
            \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       |  愛媛みかん  |/




店員:「まだ絞めてませんよ!?(@@;



ハセ:「じゃあ,僕の頭部バルカンで”ダダダッ”っと殺って来ます.」
a0023054_2271892.jpg




博士:「なんて戦い方だ!ザクにバルカンでは駄目なんだ!



ハセ:「え,博士の前妻ってザクなんですか?」



博士:「ザクとは違うのだよ,ザクとは!」



ハセ:「どっちやねん?」












ホントに何なの,これ?
[PR]

by beingontheroad | 2005-01-06 22:22 | 先代!ジェンキン寿司!
2004年 11月 08日

僕の脳みそは5倍のゲイン

助手:博士,大変です!

博士:大声で叫んだりしてどうしたんだい,イシカワ君.
慌てていたんだな,ヅラがずれているよ.


助手:(ヅラを直しながら)博士こそ,鼻毛抜きながら人の話を聞かないでください.
ハセガワの様子が変なんです!
a0023054_23482392.jpg

助手:そのオーバーリアクション,何とかなりませんか?
人数増えてるし・・・.

博士:まあ,待て.
ハセガワの様子が変なのは元からじゃないか.
君自身がそういう風にハセガワをプログラムしたんだから.
・・・まだもみ上げが空中浮遊しているよ.


助手:左ですか?右ですか?
・・・じゃなくて,とにかく研究室に来てください!

(研究室へと走る二人)

助手:ハセガワ,大丈夫なのか?
ちょっとはマシになったのか?

ハセ:すいません,今,Natureを読んでいるんですよ.
僕の勉強の邪魔しないでください.


博士:本当だ!おかしいぞ・・・.
ハセガワがこんなにさわやかなはずがない!


助手:そうなんです,しかも変態加減が和らいでしまって・・・.
これじゃあ,一般ピープルですよ.
今日から更新できません.

ハセ:イシカワさんのおっしゃる,「一般」とはどのような定義に基づいた「一般」なのですか?
そもそも,人は言語という不完全な意思伝達手段をもt


1o0:そんなの私の知ってるハセガワさんじゃないっ(><;

博士:・・・イシカワ君,今何か言った?

助手:・・・いえ・・・なんか聞こえましたね・・・.
とにかくハセガワを直すのが先決です.
博士,対策を教えてください.

博士:ふふふ,対策が立てられないとは,君もまだまだ青いな.
そんなことだから未だに博士号が取得できないのだよ.


助手:嫌味なら後で聞きますから!

博士:ふむ,とりあえずハセガワの脳みそからこのディスプレイに出力して,現在の状態を確認するんだ.

助手:はい!(脳みそからディスプレイに出力する)

ハセ:ちょっと,止めてくださいよ!僕に繋がるなー!

助手:できました!
・・・
・・・すごいぞ!処理能力が通常の3倍の速さです!
心なしかハセガワが赤く見えます!

博士:ザクとは違うのだよ,ザクとは.

助手:微妙に間違えてます,博士.
エラーをチェックしてみます.
あ,あった!
・・・エネルギー切れ!?

博士:なんだイシカワ君,ハセガワの動力を核融合に交換していなかったのか?

助手:ご無理をおっしゃらないでください,核融合炉はまだ実験段階で,実用までは程遠いんです.
かといって高速増殖炉なんて搭載しようものなら,近所迷惑になりますし・・・.

博士:それなら仕方ない,燃料を買って来給え.

助手:はい!
a0023054_23512388.jpg

博士:注入!

助手:はい!

ハセ:ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ

博士:ハセガワのアルコール発電効率はたいしたものだな.

助手:酒税がかかるのが難点ですが,これで更新できますね!




何なの,これ?
[PR]

by beingontheroad | 2004-11-08 23:44 | 先代!ジェンキン寿司!