being on the road...途上であること

botr.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2005年 01月 31日

今のご時世,「真面目コメントやめて」って言われて頑張ってふざけたら,荒らし扱いされるご時世ですから

細木数子流ハセガワです.

あなたは,今すぐハセガワの銀行口座に1000万円振り込んだ方がいいですよ.

今すぐ振り込まないと,いずれ地獄に落ちるわけですよ,ええ.

いずれっていつか分かりませんが,来世かも知れませんし,再来世かもしれませんし,僕が忘れているかもしれません,すいません. <素直



「about」を見ていただけるとお分かりかと思いますが,実は僕はこのブログ内で性別非公開なのです.

まあ,もはや公表しているようなものですが,「その他」だって言ったら「その他」なんですよ,ええ. <「もはや人間ではない」とか言うな

それはよいとしても,僕の年齢な.

公表してあるんです,みんな知らんと思うけど.

本当は意地悪してイスラム暦で公表しようかと思ったけど,イスラム暦って確か正月が太陽暦とは違うんですよね.

わざわざ計算するのはめんどくさいので,皇紀で示してあるのです. <十分意地悪



年齢で思い出したのですが,先日の金曜日に遅めの僕の所属する部署の新年会がありまして,僕も出席したわけです.

「その飲み会で酔っ払っちゃって金曜日に更新できなかったんだろ」などとツッコまれる方もいらっしゃるとはおもうんですが,それは正解なので,是非ともそっとしておいていただきたいということです.

まあ,僕の部署ったって,大上司と上司が共に「参加しません」とのこと.

実質,僕が一番上になってしまいましたので,年の近い者同士,なんちゅうか若者トークで楽しくおしゃべりしておりました.

そしたら,向かいの席に座っている女性がこう切り出したのです.

「ハセガワさんって,先日のお休みの日に○○に行ってませんでした?」





a0023054_01449.jpg

なんだと,ゴルァ?!



どうやら見られていたようです.

職業SPY(北○鮮の工作員)の僕は,いつも周りに溶け込もうと,日本語勉強したり,体鍛えたり,血がにじむような努力を繰り返す毎日だったのに,スパッと見破られた.

将軍様にもうしわけないでs(ry <くどい
 
実際の僕はと言うと,昔から変なオーラが出ているらしく,どこに行っても大抵友達の友達とか,学校一緒だけど話したことないやつとかに目撃されることが多くてとてもスパイ活動なんて出来ない有様です.

しかも,それだけじゃ終わらない.

それだけで終わってたら,年齢の話関係ないですから!

まあね,皆さんの思ったとおりの事例ですよ.


「ハセガワさんって,○○歳くらいですか?」



もっと若いですから!



「え,すごーい!若く見えるー!」




こいつ等が取り繕ってるように見えるのは僕だけですか?



まあ,なんだかんだ言っても楽しい飲み会でした.

結局,僕は翌日の仕事が気になって,2次会までで帰ったのですが,サイトー家にて3次会まであったらしく,実際みんななかなか解散しないような飲み会でした.


まあ,しいて問題点を挙げるなら・・・




上司も大上司もいない分,

僕が参加費に2万も払ったことかな・・・


2次会なんてほとんど僕のおごりだぜ


・・・


まあ・・・,あれだ・・・,キャバクラ行ったと思ったらいいさ・・・


・・・


チャージ,指名料込みで2万円ポッキリ!

いや,行ったことないですし,ボラれたこともないですよ,ええ. <意味深. っていうか信用できない
[PR]

by beingontheroad | 2005-01-31 00:16 | メイン(仮)
2005年 01月 29日

荒くれ未亡人

a0023054_23291290.gif荒くれ未亡人

kaedeさんが運営していらっしゃるサイト.

ものすごく面白いサイトなので,ボキュむちゃくちゃ影響受けないように気をつけております.

むしろ激・気をつけております.

だので,当ブログにはkaedeさんの影響など微塵もないのですよ.





微塵もない!?




むしろモキュっと影響受けまくり.

受けまくっちゃむ.
[PR]

by beingontheroad | 2005-01-29 23:47 | LINK
2005年 01月 26日

なんでもない

閲覧者のみなさん,こんにちは○○○ハセガワです. <どうぞ,お好きな枕詞をcommentに

最近の僕はお上品過ぎて,文明とは何たるか,文化とはいったい何なのか,ていうか不倫て文化なの?を未だ文明化されていない蛮族の皆さんに示してきたわけですが,当ブログは文化とは一切関係がございません.

ああ,自分が怖い!僕の瞳に乾杯 <鏡に向かってウインク☆



さて,先日,ある管理人の方とメッセしていたときのお話です.

その管理人さんは,とあるアパートの管理をやってらっしゃる方でして,というのは嘘でして,ブログの管理人をなさってる方なんです. ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )

は・・・,鼻血なんて出てませんよ,



















     /                /      ゙i,  ヽ
    j                ,ィ/        |  |
    lィ'             ,ィ/j/          | iリ
   |         /l /          '"` | j
   リ!      /,ノ           _,、-''''` /リ  __________
     |   _.._ l/   ,.--;==ミ 、_,.ノ/{.○-゙‐rV /
    ヽ,/`ヽヽト、 ´  {,.○-`‐‐ 、,.-ト|    ,ノ< ハッハッハ! 見ろ!
     ∧ ̄ ゙i,   `ヽ,r'´      ノ.  ゙、--‐''´| \  ハセガワがゴミのようだ!
     | | ̄ ゙i     ヽ、 __,,、-'" ,-、,:‐、〉  /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     \\/. |          \\\  i
       \_'i       ___\\\|
           ヽ     `ー─''''"´\\\
            ヽ           j\\\".;":;"." :
 ".;":;"." :".;":;". \         / \\\".;":;"." :
  .;".;: .;"       \ _____ /´   \\\ ".;":;"." :
 :   ゴ オ ォ ォ …… ! !".;"     \\\   ;": ..;.;".;":
 ;"         .;".;": _.;.;_".;":       \\\   ド カ ァ ン !
  .;".;": ..;.;".; ζ /_.;_/| .;".;", _   \\\  .;".;.;".;":.
 .;".;": ..;.;".;": ;:'.;| ΓΓ | |;":从へ_/|   .  \\\"_.;__..:
 从へ从へへ从  ; ζ  | Γ从 | |;:.. |从Γ | |     从へ从∠___/|  :
     ( ⌒( ⌒ ) ζ | 从Γ | |.:;. |从Γζ.;".. .;. \ |ΓΓΓ| |     |
 (   ⌒ ⌒  ⌒ );  | ΓΓ | |.;;::|ΓΓ | |   ( 从へ ;: |从ΓΓ| |     |
  Σ( ⌒( ⌒ ) ζ  ( ( ) )⌒ ) ( 从へ从)_.;:.;|Γ从Γ| |     ( | |
  ( (( ( ⌒ )) )  从 Σ( ⌒(  从へ从) ∠___/|     (( ⌒ ( 从へ从)
 Σ (( ( ⌒ )) ) )(( ⌒ ( 从へ从) .;".;:;|ΓΓΓ| |  );:;   .;".;": ..;.;";":
  (( ⌒ ( ( ) )⌒ );:;   .;".;": ..;.;";":|从ΓΓ| |  );:;   .;".;": ..;.;";":









なんでもない.



僕は,その方からメッセのお誘いがあったとき,僕は堆積中でした.

とあるドブの中にヘドロとして堆積していたわけないですが,退席中であったのは間違いない?

かもしれない? <ウザい

と言うことですよ,ええ.

その頃僕が何をしていたかと言うと,その麗しの肉体を降り注ぐ水滴で更に綺麗にしていたのです. キャッ!☆

要するにシャワーです.

ごみのような君たち愚民の言葉を借りるなら,シャワーを浴びていたと言うことです.

もちろん僕の肌は肌理細やかで白く透き通るように美しいので,水滴は余裕で弾き飛ばします. <脂性でした(ラード)

ほんのり火照った僕の裸体を鏡の中に見つめた後,セクシー全裸でPC画面を覗き込むと,なんとメッセが!!というほどびっくりはしませんでした.

貴公子と噂高い僕はメッセ受信を確認した刹那,しなやかに席に着き,返信しました.

ハセ:「ごめんよ,シャワー浴びてたんだ・・・.もうちょっと待ってて,服を着るから,ウフ」

相手:「いきなりセクシー 笑」

そんなやり取りから始まって,何時間もの間チャットしていました.

その方とメッセするのは初めてで,元々貴族の僕はメッセという庶民の遊びに取り組むことは少なかったのでとても新鮮な感じがしました.

インターネットの話,漫画の話,幼い頃の話,昔したゲームの話,個人的な話まで盛り込んで夜中の3時前にメッセは終了しました・・・.

楽しかった.

心から会話に酔いしれた瞬間だった.

まるでメッセの魔力に吸い込まれたようなひと時だった.

でも,僕はその直後に寒気を覚えました.

メッセの魔力に取り付かれそうだったから?

それともお相手に憎からぬ気持ちを抱いたから?



その真相は・・・



僕,メッセ中に








ノーパンだったんだよね



いやー,服を探しに行ったんだけどパンツなかったよ.

チャット終わってから,ベランダに干してあるパンツを取りに逝きましたよ.

もちろんノーパンでね
[PR]

by beingontheroad | 2005-01-26 23:42 | メイン(仮)
2005年 01月 25日

空間

a0023054_23513636.jpg

[PR]

by beingontheroad | 2005-01-25 23:51 | 途上の情景
2005年 01月 23日

イベント発生

このお話は3.7話目です.
初めてお越しになった方は第1話第2話第3話第3.5話を先にご覧下さい.



登場人物とメカの紹介

博士
a0023054_20105456.gif工学博士
ステータス 健康



助手
a0023054_20105456.gif工学修士
ステータス ヅラ



ハセガワ
a0023054_20114845.gif汎用試作型更新ロボット
ステータス 戦闘不能




博士:「はいはーい,私たちのSS名が決まったよー!」

助手:「ちょ,ちょっと待ってくださいよ,博士.
おかしいですよ.私のステータスの欄がおかしいです.」

博士:「・・・.何が?」

助手:「『何が?』じゃないですよ!どうして私のステータスが『ヅラ』なんですか!?」

博士:「だって,ヅラじゃん・・・.」

助手:「ひどいじゃないですか!これはもはや私の体の一部なんですよ!」

ハセ:「もうなんでもいいじゃないですか (・∀・)」

助手:「ハセガワ!お前,ダリアとの戦闘で死んだんじゃなかったのか!?」

ハセ:「『死亡』ではなくて,『戦闘不能』ですよ,ええ.イベント発生時には都合よく生き返りますから.」

助手:「それはいいなぁ.でも負けたんだから,ステータスは『虚弱』の方がよかったんじゃないか?」



ハセガワ
a0023054_20311648.gif汎用試作型更新ロボット
ステータス 虚弱


※画像はイメージです.



ハセ:「( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!」

博士:「うるさい,さっさと本題に入るぞ!」

助手:「・・・はーい.」

博士:「1月19日に募集した件について,結果発表!」

第4位  「人間なんですよ、ええ」 1票

      「アルコールはおやつに入りますか」 1票

第3位  ハセガワ委託 3票

第2位  「更新戦死ハセガワ」 4票




そして第1位は!?







「ロングタイム脳死」 ∞票
                  








博士,助手,ハセ:「な,なんだってェーーー!」
a0023054_2193131.jpg




助手:「は,博士,本当にやるんですか?!これはもしかしたら問題になるかもしれませんよ・・・!」

博士:「しかしなぁ,決め事だしなぁ・・・」

助手:「考え直してください,博士!某巨大総合掲示板のスレッドでたたかれるようなことになりますよ!」

博士:「し,しかし・・・一人何票入れてもいい募集だったんだぞ.もはややるしかないだろ?」

ハセ:「では,期間限定ということにして,お茶を濁してみては・・・?

博士:「
OK、博士。誤魔化し開始します。
           ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  ) 誤魔化しなのにフォント大き目とは流石だよな
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i  
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
_(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃

   ガタガタガタタタタタ・・・・




助手:「では代案を考えましょう.」

博士:「確か,keiさんが『仙台ジェンキンス』がいいって話があったよな?」

助手:「確認します・・・,そう・・・ですね,そういう発言がありました!」

博士:「よし,決まりだな.『仙台ジェンキンス』だな!でも『仙台ジェンキンス』のまんまでは問題あるかもな・・・」

ハセ:「では,『先代!ジェンキン寿司!』では?

博士:「おお,それだ!」

助手:「はかせー!」

博士:「いいじゃないか,『魁!男塾!』みたいで!」

助手:「落ち着いてください,博士!そんな事をしたって,何もならないじゃないですか!」

博士:「うるさい!ネタになればいいんだよ!」

助手:「ブクブクブク バタッ!」 <倒れた

ハセ:「ということで,MQさんan121さんkeiさんを訪ねるまでは『先代!ジェンキン寿司!』で,シリーズが一段楽したら『ロングタイム脳死』で逝きましょう」

博士:「うむ,それで逝こう!




『期間限定にした意味ないだろ』ってツッコミはしない方向でな」




素材は狂戦士軍団 IN NETさんからお借りしました.ありがとうございました!
[PR]

by beingontheroad | 2005-01-23 22:03 | 先代!ジェンキン寿司!
2005年 01月 22日

クオリティwwwマイナスwwwwwwぇうぇwwww

やあ,閲覧者のみなさんどうも,セクシーハセガワです. <AAカップの谷間を強調,かつ上目遣いで

のっけから,変態発言炸裂で,みなさんご気分いかがでしょうか?

サイコーですか!?

あれ?みんな元気ないな.

サイコーですか!?








      ∧_∧                .'  , ..
     (    ) ,"⌒ヽ,         .∴ '      <⌒ヽ
   /"⌒ヽ 丶⌒"- ─ヽ,            .∴ ' ”,, ,,("⌒丶
  丿 人     rー ─""     _ _ _,, _    ” (入   ヽ,ヽ
  (_  ソ \,   \彡-―""-――= ̄" ,,"" "`:      ヽ >  | )  ←ハセガワ
       ",       '  ,,, __―__ _ー=_ ソ      ノ  丿 |
        (  入_,, ノ二三"ー ̄- _ =二__",,,   _,,(⌒ /  丿
        |  ”                     (   ノヽノ  ,,.,ノ
        |   |                    /”  /   ,,/
        r⌒ )                  _|  /  ノ
        (   |                  (_ ,ノ  /
        |  |_ _,,               _ ,/ _ ノ
        (__ノ              (    /
                            ヽ_)”





悪かった,僕が悪かった.

とりあえず,その振り上げたこぶしを下げてもらえませんか.

既にボディにミドル入りまくってますから,ゲフぉゲフぉ. <吐血

昨日はですね,更新ね,しようとね,思ったのね.

でもね,なんかね,久しぶりにね,ビールをね,飲んじゃったらね,眠たくなってね



      ∧ ∧
    /(⌒ ̄⌒ヽ _
   / /ヽ,     \ ヽ,,,      _ ──__     .'  ,    、 ∧_∧
  / /  ヽ     ヽ ヽ,,,,, ―= ̄  ̄ ̄ ̄ /:, ̄.∴ '  ’    ,  (    )
  / ノ丶., \      ̄,,,  -    ̄   =',丶,__・,‘ '   r⌒>  _/ /
  \  /   ゝ  γ__ ,,─'' ―''' ̄ ̄ " .   ’  .  .  ’| y'⌒  ⌒i  ←ハセガワ
     ̄    「   ソ                    .    |  /  ノ |
        /   /                        , ー'  /´ヾ_ノ
       /   /                        / ,  ノ
      (   <                       / / /
       |   j                      / / ,'
        |   |                    /  /|  |
        |  |                   !、_/ /   〉
         ) |                        |_/
       /   )
        ̄ ̄ ̄


OK,OK

まあ,そう怒るなよ,おちつけって,な?



僕は夕食をほとんど摂らない生活をしておりまして.

ほら,夕食摂り過ぎると太りそうでしょ?

朝と昼はちゃんと摂るんですけど,夕食ってほとんど家族団らんのために存在しているような気がして,独りモンの僕にはあんまり積極的に夕食を摂る気になれないわけですよ,ええ.

大体,考えてみれば,夕食なんて摂った後も寝るくらいの事しかできないわけですから,そんなに一生懸命摂ったって脂肪に変わっていくに決まってます.

んで,僕は職場から通り挟んで向こうのコンビニで申し訳程度の食料を買って済ませております.

もちろん車道を渡るわけですから,ちゃんと手を上げて横断するようにしています.

「ゴルァーー,酒買うてこいやーー!!」

「イヤー,止めてーーー!暴力は止めてーー!!」







バシ,バシ,ボクォ





「ふん,他愛もないわね・・・!」 <見下しながら

ってな感じで毎日手を上げて渡っているわけですよ,グフォ. <吐血
しかも「手を上げる」の意味違うし



横断歩道を渡ったとこにあるコンビニはサンクスなんですが,そこのの店員さんの言葉遣いがものっっっそいかわいいのです.

むしろ激しくキャワユィのですよ,ええ.

「いらっしゃいませ~~~~!↑」

いつも買うものは決まってます.

春雨ね.

チキンね.

豆乳ね.

「いらっしゃいませ~~~~!↑温めますか~~~~?↑」


ありがとうございました~~~~~~~↑












ウザいよ お前

つうか,ぜんぜんかわいくないじゃん
~~~~って延ばしすぎ.何?VIPPER?




あと,豆乳は温めません
[PR]

by beingontheroad | 2005-01-22 20:00 | メイン(仮)
2005年 01月 19日

再び募集

先週,1月10日に募集した博士,助手,ハセガワのSSの名前ですが,1月17日で締め切りました.

みなさん,たくさんのcommentありがとうございました!

こんなに多く書き込んでもらえるとは思ってもなかったので,びっくりしております.

ところで,多くの方にご提案くださった嬉しさのあまり,僕自身あんまりチェックしてなかったのですが,誰も『~に一票』って書いてませんよね?

なんですか?

これは,あれですか?

「とりあえずネタばかり提案しておいて,その中からハセガワがどんなバカなのを選ぶか試してやろうキャンペーン」ですか?

やりかねん,このブログの閲覧者ならやりかねん!



そんな策略にはまるのは癪なので,この際,皆さんご提案の中から更に多数決を取りたいと思います.




「更新戦死ハセガワ」

「アルコールはおやつに入りますか」

「博士の抜いた棘」

「目指せBカップ!博士は豊胸実験中♪」

「見ろ!人がハセガワのようだ!!」

「見ろ!ゴミがハセガワのようだ!!」

「見ろ!ハセガワが人のようだ!!」

「人間なんですよ、えぇ。」



・・・

OTL


改めて羅列して見ると,ヘコむなぁ (´Д⊂

1月22日を締め切りにして,commentに「~に1票!」ってな感じで投票してくださいな.

複数投票,重複投票アリですから,「~に10票!」でもOKですから,ええ.

もうね,僕の政治判断なんて言いませんから.

多数決で,一番多く得票したのをSSの名前にしますから.

だから,みんな,明らかに最悪な候補には投票するなよ!

ゼッタイだぞ!








あ,これ,「いじってくれ」っていう前フリです.









commentのレスはこちら
1o0さん
やっぱりやるんですね?
貴方ならやると思ってました・・・w
当初からそんな感じがしてましたからね.
実はこの投稿の原稿は
「やりかねん,このブログの閲覧者ならやりかねん!」
ではなくて
「やりかねん,1o0ならやりかねん!」
の予定だったのです! あちゃ~ 



サムライガールさん
そうね,日本をだいぶ満喫してたみたいね.
せっかく近くに居るんだから,もうちょっと絡みたかったけど,忙しそうなのはブログから伝わってきましたw
まあ,あの様子じゃ,僕の出る幕はないわなw

はいよ,参加ありがとうです!



MQさん
問題はネカマである必要があるか否かですw
キーー!
ボキュに決めさせる気だね!
そして,僕を笑う気だね!
ああ,もっと笑って! <激しく身悶えながら



植田さん
植田キタ━━━━━━\(T▽T)/━━━━━━ !!!!!
なになに,合計3票も入れてくれるんですか!?
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

ところで,こないだは書き込みさせていただいて,ありがとうございました.
あとあと考えてみたら,なんか荒らしみたいで,ちょっと自己嫌悪したんですが・・・.
次回は植田さんとこのお客さんに怖がられないようにしますんでw



ダリアさん
でたよ,1o0との最強コンビ.
二人してなんですか,僕をいぢめに来たんですか?
<つうか,いつもだろ.
まあ,なんとかしますw



keiさん
ありがとうございます!
仙台ジェンキンスっていうのもお気に召したわけですね ( ̄ー ̄)ニヤリッ



an121さん
ええ,ええ,いまハセガワは戦死中ですからねw
つうことでありがとうございます!



junoさん
どうも,こんばんは.
実は僕も,SSの意味が分かりませんw
植田さんが初めにSSって呼んでたので,「ふーん,SSっていうんだ」と思った次第です.
むちゃくちゃ適当な企画立案者ですw
ねえ,植田さん,なんでSSって言うんですか?

さて,この企画の内容ですが,第1話第2話第3話第3.5話のお話に題名をつけようという企画です.
上の選択肢から選んでもらってもいいですし,お好きな題名を考えていただいても結構です.
とりあえず僕がろくでもないやつだということが伝われば幸いです. <幸いか?



1o0さん
キ…(-_-)キ(_- )キ!(-  )キッ!(   )キタ(.  ゚)キタ!( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━━
「ロングタイム脳死」ですね,受け付けました!
しかも,むちゃくちゃ票数でかい!
それって,∞票ってことでしょ!?
はいはい,決まっちゃうかもね,うん,マジでw
僕はやっちゃうやつですからね,ええ.
もちろんあなた限定です.
厳密にはあなたとダリアさん限定ですよw



植田さん
やったー! ヽ(´ー`)ノ
じゃあ,もう問題なしの方向で逝かせてもらいますw
もうね,作っちゃいますから,「何やって~」のコンテンツ内に「ハセガワ」ってね♪
<あ,冗談です,本気にしないで下さん.僕等が言い出すと,よく実現しますからねw

ショートショートだったんですか!?
じゃあ,コントってことですね?
なるほど,納得だ.
この際,マイナスイメージでも何でもいいですよ.
だってもうこれ以上下がりようがn(ry

クオリティwwwwマイナスwwwwぇうぇwwww  <末期
[PR]

by beingontheroad | 2005-01-19 22:59 | 先代!ジェンキン寿司!
2005年 01月 17日

通過点

それは,きっと僕が今までに経験した中で,最も恐ろしい瞬間だった.

今まで僕は,そんなものは小説やTVの中で語られるものだと考えていたし,それが自分に降りかかろうなんて思ってもなかった.

その日,僕は通常では有り得ない強さの揺れを背中に感じ,目を覚ました.

別に地震の多い地域に住んでいたわけでもない僕は,数十秒後には収まるはずの揺れを無視し再び眠りに就こうとしていた.

数十秒後,本来すでに収まっているはずの強い揺れは,しかしながら,留まるどころかその強さを数倍に増し,僕の部屋全体を揺らし続けた.

いつも眠る間,つけたままにしている豆電球の光は強い揺れの半ばでその輝きを失い,冬の未明の暗闇の中でひたすら僕の部屋がきしむ音だけを聞き,ただひたすら絶え続けた.

いつ終わるのかさえ分からない極度の揺れの中で,言葉にできない程の恐怖を感じたことを覚えている.



あれから10年が経ち,街は本来の美しさを取り戻したように見る.

しかしそれはあくまで,外から見た光景であり,内情はそうではない.

震災をきっかけに,多くの企業が倒産或いは撤退する事態に追い込まれてしまい,失業率も震災以前と比べて依然高い.

関西経済が他の大都市圏に比べて極度に落ち込んでいることも手伝って,人々の生活はいっぱいいっぱいだ.

あの日,失われたものはもう戻ってくることはない.

「震災が奪ったもの 命 仕事 団欒 街並み 思い出」



それでも,たった1秒先の人生が予想できないからこそ,人は今この瞬間を精一杯生きていけるのだろう.

「震災が残してくれたもの やさしさ 思いやり 絆 仲間」

10年という節目を迎えて復興は完遂されてはいないけど,震災が残してくれたものを胸に抱き,再び復興へ歩き出さなければならない.

今はまだ,悲しみにも感慨にも耽っているときではない.

そう,未だ到達されることのない,長き道のりの途上であること.
[PR]

by beingontheroad | 2005-01-17 05:46 | メイン(仮)
2005年 01月 15日

画像で一言.

このお話は3.5話目です.
初めてお越しになった方は第1話第2話第3話を先にご覧下さい.




登場人物の紹介
ダリア
エキサイトIDはdaria_callas .
エキサイトブログ,「腹黒いダリアの日常。」の管理人.
また,「腹黒いダリアの日常。」以外にもメインサイト,Dariaの壷開かずの押入れ。を運営する才女.
現在,愛しのだーりんと遠距離恋愛中!
本来,一子相伝の北斗神拳の伝承者となるはずだったが(ry




ダリア:「ねえ,だーりん,私,あんなお家に住みたーい!」





↓注:ダリア

a0023054_2328642.jpg

注:だーりん↑



だーりん:「いや,『天』って何!!?」
[PR]

by beingontheroad | 2005-01-15 23:34 | 先代!ジェンキン寿司!
2005年 01月 13日

はいはい,できまちたよ~.

これは3話目です.初めての方は第1話第2話を先にお読みください.





登場人物とメカの紹介

博士
本名はハシモト
ロボット工学のエキスパートでハセガワの生みの親.
世渡り下手なために未だに助教授止まり.
実はバツイチ.

助手
本名はイシカワ.
ハシモト博士の助手を勤めるまじめな30代後半男性.
電子工学のエキスパートでハセガワのAIの生みの親.
世渡り下手なために,まだ博士号の学位が取得できていない.
実はヅラ. 「実は」っていうかバレバレ.

ハセガワ
本名はHT-78-2. 5倍のゲイン.
ハシモトとイシカワの愛と努力の結晶.
汎用試作型更新ロボット.
固定武装は頭部バルカンのみ.
将来的には核融合発電で稼動するはずだが,まだアルコール発電.
ライバルはドラ○もん







ハセ:「あとで絶対に鎌倉のハセ寺行きましょうね!絶対ですよ!」

助手:「ハセガワ,ハセ寺じゃなくて長谷寺だろ?」

ハセ:「僕にとってはハセ寺なんですよ,ええ.」

助手:「でもなぁ,博士の学会発表で横浜まで来てるだけなんだぞ.遊びで来てる訳じゃないんだぞ」

ハセ:「なんで口調が説明口調なんですか?」

助手:「いや,ほら・・・,誰かが説明しないと・・・.」

ハセ:「何を?誰に?」

助手:「誰にって・・・,ねぇ・・・.ところで博士はどこ行ったんだ?」

ハセ:「なんか,中華街に行くとか言ってましたよ.」 <単純

助手:「なに!?お一人で逝ってしまったか・・・.うん,もう逝っちゃったらいいよ.」

ハセ:「あ,いま博士から電脳通信が入りました!
a0023054_2353942.jpg

た,大佐ぁ?


博士:「スネーク,私はキャンベル大佐ではない.大佐とは違うのだよ,大佐とは.」

ハセ:「失礼致しました,ランバ・ラル大尉!いつの間にか電脳化してたんですね.あと,僕もスネークじゃなくてハセガワです!」

博士:「わかった,ちなみに私もランバ・ラルではないよ.とにかくこちらへ来い,スネーク.今から現在地を電通で送る.」

ハセ:「だからスネークじゃないっていってるでしょ?分かりました,とにかく行きますよ.」







博士の下に移動する二人.








博士:「来たな,二人とも.ところで,イシカワ君,私の悪口言ってたね?『逝ってよし』とか聞こえたよ.」

助手:「い,言ってません.空耳です. (;・∀・)」

博士:「まあ,いいだろう,覚えておけよ.」

ハセ:「それで,博士,いったいここは何処なんです?見たところ住宅地ですが・・・.滝登さん家に行くんですか?」

博士:「違うな・・・,よし,付いて来い.」







博士と共にあるマンションに入っていく.





博士:「ここだよ.ハセガワ,鍵を開けろ.」

ハセ:「ピッキング開始!・・・開きました.」

助手:「また,都合よく開いちゃうんですね.この部屋は博士の部屋ですか?やたらと女性の部屋みたいですが・・・.まさか博士,愛人の家じゃないでしょうね?あー,でもだいぶ散らかってる.」

博士:「それも違う!ここはダリアの部屋だ!ハセガワ,鍵を閉めておけよ.」

助手:「Σ( ̄□ ̄;  いったいここで何をするんです!?」

博士:「決まっているだろう!ガーターベルトとストッキングを探すのだ!」

助手:「おかしいやん!!ゼッタイ,おかしいやん!

博士:「奴は『ガーター持ってる』って言ってたけど,あんなの嘘にちがいn」

助手:「止めて下さい,博士!こんなことがばれて問題にでもなt」

ハセ:「誰か来ましたよ!」

博士:「隠れろ!」


ガチャ


ダリア:「ただいま,っと.」  <でかい独り言


小声で
博士:「ハセガワ,バルカンで奴を絞めてやれ!!」

ハセ:「承知!」






ハセ:「食らえ!バルカン!」




ダリア:「
a0023054_22544836.gif
↑注:ダリア

効かぬ,効かぬのだ!




助手:「
a0023054_2255996.jpg
うそーん!!




ダリア:「
a0023054_22532665.gif
↑注:ダリア

きさま,なに者だ!!




助手:「ハセガワ,小破!」



博士:「砲撃手,何をやっている!?



助手:「あんたこそ,何言ってるんですか!?」



ハセ:「まだだ,たかがメインカメラをやられただけだ!!」
 <眼球飛び出しながら



ダリア:「もう一発!!!



助手:「ハセガワ,大破ァーーー!!!!」



博士:「左舷,弾幕薄いぞ!!」



助手:「って,はかせぇーーー!!



博士:「イシカワ君の頭も薄いぞ!!」



助手:「何言ってるんですか!!博士,後退してください!!」



博士:「何を言う,君の毛髪の生え際なら,

とっくに後退しているじゃないか!!!!




助手:「だから,退避ですよ,退避!!!!」









博士:「え,堆肥?



助手:「もう,おっさん帰れよ.」




fin









Epilogue


ハセ:「ゴメンナサィ・・・,イシカワァサン.ハセデラニハ・・・イケソゥニアリマs・・・n

(自動音声)
AIが停止しました.機密保持の為,3分後に自爆します.退避してください・・・
[PR]

by beingontheroad | 2005-01-13 23:16 | 先代!ジェンキン寿司!