being on the road...途上であること

botr.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2005年 05月 29日

みんな,「類は友を呼ぶ」って言葉,知ってる?

こんばんは,またまた放置プレイ中のハセガワです.

よく見れば一週間も放置するという,あわよくば,このブログの存在すら忘れかねない期間に渡って放置してきた僕なんですが,この一週間,一切インターネットをしなかったわけではなく,むしろちょこちょこお気に入りサイトを巡回していたわけなんです.

今日になって,皆さんがコメントくださってたことを知り,うれしい思いに浸っております.

ありがとうございました!



ところで,みなさんは,迷惑メールを受け取ったことはありますか?

多分,ウイルスメールやスパムメールを含めて多く方が少なくとも一度は経験したことがあると思います.

僕のメールアドレスでも特にエキサイトのメールアドレスには異常なほど多くのスパムメールが来ておりまして,正直,かなりウザいのです.

以前のことを振り返ってみますと,ケータイメールにも

「久しぶり,元気?」

なんてメールが来たもんですから,

ハセ:「まあまあかな.」

と返信したんですが,

「っていうか,間違いメールじゃね?」

なんて言い出すのな.

よく見たらホントに知らないアドレスから来てまして,僕が適当に返信したのが丸分かりだったのですが,あまりにも悔しいので

ハセ:「たぶん」

って返信しておきました.



まあ,そんなこんなで,しばらく間違いメールなど来たことはなかったのですが,本日こんな内容のメールが届きました.





人に言われた言葉っていうのは思いのほか印象に根強く残るものです。

僕は様々な人に出会い、そして今日という日まで生きてきたのですが、その中でも人に言われた特定の印象に残る言葉っていうのはいつまでたっても心の何処かに残っているものです。

ただ取り留めもないような言葉が未だに残っていること自体、自分の中ではあまりに信じられないことで、何でこんなもん覚えてんだ?と自問自答しても答えが見えない不思議な現象に見舞われます。

本当にどーでも良いことばかり心の片隅に存在しているのですが、僕が一番忘れられなかった一言を今日はご紹介したいと思います。



あれは僕が中学一年生の時でした。

同じクラスにそれはもう超絶美人と名高い由美ちゃんがいました。

まあ、でも別に僕はかわいいからと言ってすぐブリブリと好きになるような下賎な輩とは違いますから、あくまでクラスメイトとして接する日々を送っていました。

しかしまあ、別にその後もドラマティックな展開など起きず、変わったことと言えば、由美ちゃんと僕がメールをするような仲になったくらいで、別に何ら変わってはいませんでした。

で、ある日由美ちゃんから電話がかかってきた日のことでした。

「あの、相談があるんだけど」

「うん」

とまあ、このように多分恋愛の相談かなんかだったんでしょうけど、すっかり今は忘れてしまいました。

なんか、多分どーでもいいようなことだったんだと思う。他人の幸せ話程聞きたくないものはございません。

で、この相談が深夜4時近くまで続いたんですよ。

その丁度深夜4時くらいに、何故か下ネタの話になってました。よくわからないけど、ちんことか言うてた。

その時です。まさに、その瞬間。僕がちんこのネタを振った瞬間のことでした。



「滝登君って、ちんこ小さいよね」



お前は俺のちんこを見たんかと。その目でマジマジと見たのかと。

全くもって不可解なことを言いました、このクソ女!むしろ通常より大きいよ!

すいません、今のは見栄です。

まあ、大きい小さいの話は抜きにしても、僕は由美ちゃんにちんこを見せた記憶なんぞ一切ございません。

なのにちんこ小さいよねともうあたかも僕がちんこ小さいのをまるで知っているかのように話すんですよ、このクソ女。

とまあ僕が軽く言及をすると、彼女は正気に戻り、

「ごめん、今寝ぼけてた」

と、言いました。

寝ぼけてちんこ小さいとか言う意味がわからんわ。どんな寝ぼけ方やねん。



このように、本当にどーでもいいような言葉なんですが、これが未だに忘れられません。

気にしてるから忘れられないとかそういうことじゃあないんです。

別にね、大きさとかどーでもいいじゃないですか。そんなものはちっちゃなことです。

男は包容力ですよ。包容力。

要するに、かぶってるかかぶってないかですよ。

包容力の話ですよ。






なんか,もう,最低としか言いようのない文章が書き連ねられた間違いメールだったわけなんですが,よく見ると差出人に見覚えがあるのな.

僕は自分の読解能力を駆使して,懸命に差出人欄を見たんですけど,どう見ても「滝登」って読めるんですよね.

「件名」にも,「ハセガワさんへの代打日記」なんていう信じられない文字が並んでまして,実はこれ,間違いメールでもなんでもなくて,何日か前に「過ぎ行く時間の道標」の滝登さんに申し込んだ代打日記のことだったんですね.

「過ぎ行く時間の道標」なんて,かっこいいサイト名でいらっしゃるわけなんですが,書いてる文章の内容は上記のような内容ばかりでして,まあ,その点では僕も人のことは言えないわけです,ごめんなさい.

お礼を言うのは大変遺憾なのですが,一応お礼を言っておきます.

ありが・・・・ <中途半端



滝登:「掲載するかどうかはお任せします!」

と,文末に書いてあったのですが,もうね,掲載するしかないじゃないですか.

むしろ,滝登さんの痴態をさらすべくメキメキうpですよ,ええ.

それも,僕のブログに晒すわけですから,ある意味,僕も一蓮托生でして,心中したような気持ちでうpさせて頂きました.

ただ,望むべくは




滝登さんに送信した代打日記の応募メールが,

間違いメールだったらよかったのになぁ,

ってことです.


がんばれ,過去の僕!





↓クリックしてみないか?

[PR]

by beingontheroad | 2005-05-29 21:15
2005年 05月 22日

こんな・・・,こんな無様なオチなど・・・!

長いこと放置しております,ハセガワです.

本当は3月の東京出張アジアの片隅でのkeiさんにお会いしたことや,カテゴリ「途上であること」の続編を書いたりしたいのですが,どうしても時間がないんです.

正直な話,これからもっと忙しくなる予定なので,これからの更新頻度を考慮するとブログを閉鎖することも真剣に考えたりしているのです.

しかしながら,こんな更新頻度の中でもありがたいことにみなさんに着て頂けるので,ゆっくりながらも続けて行こうと思います.

・・・ありがとうございます.

こうやって書いていけるのもすべて,偉大なる奇才ハセガワさんのおかげです.

ありがとう,僕.

うん,全部ボキュのおかげ. <死ね




なに気に閲覧者を敵に回したようなご挨拶から始まっておりますが,「敵に回した」というか「最初から敵だった」の方が日本語としての表現が的確なような気がしますよ,ええ.

オマエラ最初から敵やったやんけ!みたいな? <むちゃくちゃ失礼

まあまあ,そんなこんなで,台湾から残念ながら生還してしまった薄幸の美女ハセガワですが,4月30日の更新にある,「死にたくなるような災い」について遅ればせながらご説明いたします.



4月29日の午後3時(現地時間),台北空港に降り立った僕は慣れた手つきで台北市内までのエアポートバスに乗り込みました.

到着の晩,カテゴリ「途上であること」にも登場したモウソウ(未婚男性)とイブン(既婚女性)と一緒に食事を摂ることになっており,空港か市内に着いたときにケータイに連絡すると伝えていたんです.

幸い,さして時間を空けることなくバスがやってきたため,僕は台北市内から彼に電話することにして,車上の人になりました.

およそ1時間後の4時半に台北市内に着いた僕は,公衆電話から出国前に確認した彼のケータイ番号に電話したのですが,一向に出てくれない彼.

出てくれないというか,そもそも呼び出し音すら鳴ってくれない状態で,何度電話をかけても中国語の「電源を切っておられるか圏外です」といった内容のアナウンスを繰り返すだけでした.

そこで,イブンのケータイに電話することにしたのですが,いたずらに同じアナウンスを聞くだけに終わりました.

「きっと彼らも忙しいのだろう,あと30分か1時間もすれば電話もつながるだろう.」と考え,のども渇いたことですし,カフェに寄ってコーヒーをすすってから電話することにしました.

そして,40分くらいカフェで時間をつぶした僕は,台北駅前の新光三越(中文)から再び公衆電話で彼らに電話をかけたのですが,一向につながりません.

「市内に着く時間も連絡してあったはずだが・・・.」

もう日も傾き始めたようで,僕は少しずつあきらめの境地達し,海外での僕はとても前向きなので,それなら久しぶりに街歩きをしてみようと考えたのです.

さすがに台湾は暑くて,日本から着てきたジャケットは僕の体にまとわりついて不快ですし,それよりも巨大な40Lのバックパックは僕の体力を奪うのに貢献してくれます.

これらの不要な荷物をコインロッカーに早く預けたかったので,最も近い場所にあった新光三越の地下のコインロッカーに預けました.

とりあえず,身軽の状態で何度か電話を掛けて,それでも繋がらなかったらロッカーを開けてホテルを探しに行こうと考えていたのです.

荷物を預けて身軽な状態になった僕はで精神的に余裕ができ,イブンの自宅に電話をかけてみようと思いつきました.

まあ,ケータイに電話しても通じなかったので,自宅に電話しても通じないだろうと思ってはいたんですが,留守録くらい残して,僕が台湾に到着したことを伝えておくべきだと考えたわけなんですよ,ええ.

で,電話してみたらイブン,自宅にいるのな

何々,どういうこと? (゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?



ハセ:「何回も電話したけど繋がらなかったよ.さては,ケータイの電源切ってたな?」

イブ:「え?切ってないよ.なんで繋がらなかったんだろう? ところで今どこ?」

ハセ:「今ね,台北駅.そっち行っていい?」

イブ:「いいよ.ウチのマンションを出たところで待ってて」



ってことで,ようやくイブンと落ち合った僕は久々に訪れた台湾で珍珠●茶を飲みながら,この3年間に起こったたくさんの出来事について話をしました. ※●は「女」片に「乃」

結局,イブンのケータイに繋がらなかった理由は分からなかったのですが,最終的にはめでたくモウソウとも合流し.3人でステーキを食べることになりました.

ちなみに,モウソウのケータイに連絡が着かなかったのは,

モウソウが僕に教えた番号が間違ってたからでした. <そんなオチ要らん



この二人との付き合いも長いもので,6年になります.

僕がステーキが好きなのを知っているので,わざわざステーキ店に連れて行ってくれてご馳走してくれました.

台湾の屋台で食べるステーキは700円ほどで200gも食べることができるのですが,今回は女性が好みそうなステーキ店ということで,周りは女性客やカップルで混み合っていました.

取り留めのない話ばかりしていました.



楽しい時間はあっという間に過ぎ,既に10時.

そろそろ台北駅の前の新光三越に置いたバックパックを取ってこなくてはなりません.

イブ:「バックパックって,どこに置いてるの?」

ハセ:「新光三越の地下.」

イブ:「新光三越って,8時には閉まるよ!」



a0023054_22544852.gif


なんだってーーー!!




バックパックの中には,着替え,コンタクトレンズ,モウソウやイブンへのお土産,その他もろもろが入ってるんですよ!

あれがないと,かなり辛いんだって,マジで!

いや,確かに,気づいたらこんな時間になってたけど新光三越の展望台に繋がるエレベーターの前のコインロッカーなんですから,展望台があいてる限りは大丈夫・・・のはず.

で,急いで,台北駅まで行ってみたんですが,やっぱり閉まってるのな.

もはやリストカットも辞さない勢いで,警備員に詰め寄った僕.



ハセ:「中のコインロッカーに荷物入れたまんまなんですよ,お願いですから開けてください.」

警備:「ダメなんですよ,警備上,どうしても開けられないんです.」

ハセ:「どうにかしてください!」

警備:「できません,規則なんです.明日来てください.」



なんなんだこの国は! <逆ギレ



ハセ:「ちぇ,分かったよ,分かりましたよ!で,明日は何時にこっちに来ればいいわけ?」

警備:「明日の10時に開店ですから,10時以降に来てください.」


a0023054_22551779.jpg


明日は,

7時半から花蓮に行くんだよ!








早いよ.



早すぎる!











初日からオチが来るなんて


早すぎるよ!
 <そういう問題か?



そんな意気消沈状態でモウソウの自宅に泊めてもらいましたよ,ええ.

もうね,自分の下着すらないから.

せっかく買ったお土産すらないから.

コンビニで下着買いましたよ,ええ.











a0023054_2334933.jpg


久しぶりに穿いた白ブリーフが,

ちょっと羞恥プレイっぽくて,興奮しました







↓お気に召したなら押してください ('A`)

[PR]

by beingontheroad | 2005-05-22 23:10 | メイン(仮)
2005年 05月 05日

ただいま、日本

a0023054_1231314.jpg

帰って来ました。

まだ生きています。
[PR]

by beingontheroad | 2005-05-05 12:31 | ケータイ(仮)
2005年 05月 05日

さて、帰国しますか

a0023054_8473181.jpg

親民党の宋楚瑜主席が中国に行くらしくて、厳戒態勢ですよ。




さよなら、台湾。
[PR]

by beingontheroad | 2005-05-05 08:47 | ケータイ(仮)
2005年 05月 05日

最後の夕食

a0023054_1322214.jpg

有名な牛肉麺。

あー、明日で日本に帰るのか。

嫌です、帰りたくありません。
[PR]

by beingontheroad | 2005-05-05 01:32 | ケータイ(仮)
2005年 05月 04日

国内線にのります

a0023054_16194173.jpg

台北までひとっ飛び。

もう着きました。

落ちるんじゃないかと心配したよ。
[PR]

by beingontheroad | 2005-05-04 16:19 | ケータイ(仮)
2005年 05月 04日

台湾最南端の眺め

a0023054_1040384.jpg

台湾最南端の墾丁にいます。

今日には台北に戻ります。
[PR]

by beingontheroad | 2005-05-04 10:40 | ケータイ(仮)
2005年 05月 04日

台湾人の2 ちゃんねら化について

俺たちはとんでもない勘違いをしていたようだ。

台湾人が2ちゃんねら化していたんじゃない!

2ちゃんねらは元から台湾人だったんだよ!




ΩΩΩΩ〈ナ、ナンダッテー!
[PR]

by beingontheroad | 2005-05-04 01:29 | ケータイ(仮)
2005年 05月 04日

日本からの刺客

a0023054_1212583.jpg

「シヤソプー」! 

台湾でこれほどまでに2ちゃんねる用語が普及していようとは!

このまま行けばココナッツ(椰子)なんかも「香具師」と表記される日も近いのかも。

恐るべし、2ちゃんねら!
[PR]

by beingontheroad | 2005-05-04 01:21 | ケータイ(仮)
2005年 05月 03日

台湾最南端の墾丁にいます

a0023054_12495559.jpg

熱帯です。

でも風が涼しい。
[PR]

by beingontheroad | 2005-05-03 12:49 | ケータイ(仮)